国内ドラマ

【完全無料】ドラマ「女はそれを許さない」全動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『女はそれを許さない』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、「Paravi」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、Paravi以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

この記事では、実際にParaviで「女はそれを許さない」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの動画配信サービスを探すなら下記の記事をご覧ください。

絶対後悔しない!おすすめの動画配信(VOD)サービスを選ぶ方法を徹底解説!!

『女はそれを許さない』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『女はそれを許さない』は「Paravi」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「Paravi」の特徴と、『女はそれを許さない』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「Paravi」で視聴する

paraviのTOP画像

Paravi』は、TBSやテレビ東京が共同で運営している動画サイト。

動画サイトと言えば「Netflix」や「U-NEXT」なども有名ですが、その中でもParaviは国内ドラマがズバ抜けて充実しているのが特徴的です。

そんなParaviですが、通常は「月額925円」の料金がかかってしまいます。

しかし、登録後2週間は無料お試し期間が用意されているので、期間内に『女はそれを許さない』を見終えてしまえば一切料金はかかりません。

paravi は2週間無料

登録は3分ほどで完了するので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

月額料金 月額925円(税抜)
無料お試し期間 2週間
コンテンツ数 非公開※国内ドラマ数はトップクラス
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイルまとめて支払い
デバイス登録数 5台まで可能
動画のダウンロード 可能
その他の国内ドラマ ・逃げるは恥だが役に立つ
・カルテット
・テセウスの船
その他多数
公式サイト https://www.paravi.jp/
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「Paravi」を利用するのが一番おすすめです。

『女はそれを許さない』をParaviで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「Paravi」で「女はそれを許さない」を無料視聴するまでの手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

「Paravi」に登録してドラマを視聴する手順

まずは「Paravi」の公式サイトにアクセスして、2週間無料体験の登録を行います。

自身のメールアドレスを使うか、もしくは「Twitter」「Facebook」「Google」のいずれかと連携させて、Paraviのアカウントを作成しましょう。

paravi登録の手順

フォームに沿って入力を進めていき、「登録完了」の画面が出れば、すぐに動画を視聴することができます。

paraviで『アンナチュラル』を視聴する

登録日か140日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■14日間での解約忘れに注意!

Paravi登録から14日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「Paravi」を14日以内に解約する

Paraviの無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、画面上部にあるアカウントボタンから『アカウント情報』→『契約プランの確認・変更・解約』の順でクリックするだけです。

paraviの解約手順

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

解約は一切難しくありませんので、ぜひ無料体験期間をフル活用して、お得にParaviを利用してくださいね。

Paravi登録前の疑問点を解決!

Q1.Paraviは本当にすぐ解約できる?

はい。アカウント画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.Paraviを家族全員で使うことはできる?

はい。Paraviは1つのアカウントで最大6つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、Paraviは月額1,000円ほどですので、1本ドラマを見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『女はそれを許さない』1話から10話(最終話)までのあらすじ

『女はそれを許さない』は、岩崎麗は、初めて弁護士として請け負った事件の裁判で、自らのミスで依頼人を傷つけてしまい、自らも失望し弁護士を辞する。麗は「弁護士に向いていない」と強く思い、人助けとはまったく縁がない他のアルバイトをして食いつなぐ。自らは弁護士になるまでに400万円もの借金を抱え、人生や仕事に生きがいを感じない日々を送る。しかし、麗には物事を先入観なく「白紙から見る」という才能を持っていました。

<そして、今回のドラマで描く依頼人の多くは女性。麗・凛香のバディは“女性の味方”としてそれぞれの持ち味を発揮していく。“年齢の変化”“状況の変化”を目の前にし、それぞれ“幸せ”を掴もうとあがく居場所を失った女性たち。弁護士資格はあるが過去のトラウマから一人では法廷に立てない麗、超優秀だが資格を奪われやはり一人では法廷に立てない凛香。人生の岐路に立つ31歳の麗と41歳の凛香は二人で一人前。そんな二人は、弁護士として、女性として、依頼人の、そして自分の幸せを掴み取ることが出来るのか!?ほろっとして、グッとくる…女性が楽しめる新しい本格派ドラマが誕生する!>

引用:TBS

ここからはそんな『女はそれを許さない』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

女はそれを許さない「第1話」

 岩崎麗(深田恭子)は、弁護士になったばかりの裁判での失敗から、法廷に立つ自信を無くしてしまった。今は弁護士活動はせず、借金でまかなった弁護士になるための学費を返済するためにアルバイトの日々を送っている。麗は再起を目指して大手のセイント法律事務所の面接を受けるのだが、面接官の海老沢凛香(寺島しのぶ)に、「うちでは勤まらない」ときっぱり断られた。その凛香はセイントで次期幹部候補と噂されるエリート弁護士である。高級マンションで暮らしブランド物を好み、セレブな生活を謳歌していた。ところが、裁判で勝ちにこだわるあまり、グレーな手法を用いることもあり、事務所内にも凛香を快く思っていない弁護士がいた。ある日、凛香だけが知る銀行口座に不審な金が振り込まれていることが発覚し、凛香は副所長の児玉勝義(竹中直人)に糾弾される。プライドの高い凛香は解雇されるくらいならと、あっさり辞職。凛香の後輩、工藤誠司(吉沢悠)や凛香の元カレ、葛城雄二(加藤雅也)にも彼女を引き留める間がなかった。その上、弁護士会まで退会してしまった凛香は他の会に入ろうとするが、そのためには二人の紹介者が必要で、知り合いに連絡を取り続けるも皆、凛香を敬遠し断る。そんな中、大学時代の先輩、忠守藤次郎(上川隆也)だけは事務員であれば雇ってもよいと助け舟を出す。誰か弁護士と組んで依頼人を助け、十人に感謝されれば弁護士復帰の紹介者になってもいい、とも忠守は語る。麗に白羽の矢を立てた凛香は、麗を訪ねて一緒に忠守の事務所で働くことを提案する。事務所で研修中の司法修習生・滝口泰輔(溝端淳平)は、性格の全く異なる麗と凛香がバディを組むと知り驚くが…。さて、麗と凛香が初めて担当する案件は、出産を理由に食品会社から解雇を迫られた野田さやか(中越典子)のマタニティハラスメントである。さやかは妊娠中から上司の三枝百合子(清水美沙)にひどい仕打ちを受けたと訴える。麗と凛香は百合子とその上司、篠田取締役(三浦浩一)を訪ね、会社に乗り込むが…

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第2話」

忠守法律事務所に根岸清美(茅島成美)と菜々子(小澤美和)の母娘が訪ねてきた。二人は菜々子の婚活に関するトラブルについて麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)に相談する。トラブルは親が子どもに代わって写真を交換する代理婚活で起きた。婚活の主催者から渡された写真に魅かれて会ってみると、写真とは似ても似つかない姿だったというのだ。母娘は、ダイエットに励みエステにも通ったと強調し、裁判を起こして慰謝料を請求すると息巻いている。お金にならない案件と判断し興味のない凛香は、麗に調査をするよう命じる。麗が奈々子の婚活の相手、高橋俊夫(千葉ペイトン)の父、源介(森下哲夫)に会ったところ、こちらにも言い分があるという。双方の言い分を聞き、ある点に着目した麗は、何か解決策がないかと知恵を絞る。一方、凛香は自分にふさわしい環境で仕事をするために高級な机を購入する。忠守法律事務所に机を納めにきたインテリアコーディネーターの池田志帆(滝沢沙織)に相談したいことがあると声を掛けられ、麗と凛香は話を聞く。志帆は恋人で経営コンサルタントの鈴木渉(三浦誠己)に勧められて投資用にマンションを買ったのだが、騙されているようだと表情が暗い。入居者も決まらず詐欺ではないかと疑っているのだ。渉は志帆には結婚することもほのめかしたと言うのだが…

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第3話」

岩崎麗(深田恭子)は、自転車同士の衝突事故を起こした大学生の桑田トオル(小林ユウキチ)の相談を受ける。もう一方の当事者は会社を経営する大原雄二(多田木亮佑)だ。双方とも相手の信号無視が原因だと主張するが、大原は事故のため通院が長引き、契約も逃してしまったと強調し、トオルに多額の損害賠償を求めていた。麗と滝口泰輔(溝端淳平)は現場を訪れ、事故の状況を確認する。麗はトオルの言い分を信じているが…。一方、忠守法律事務所には水野早苗(小林涼子)という女性が、母親を伴い訪ねてきていた。早苗は通勤途中の電車で痴漢に遭い、刑事裁判で争ったが、被告の佐々木利幸(岡部たかし)の無実を証言する目撃者が現われたため、佐々木は無罪になったという。さらに佐々木は、裁判のために仕事を解雇されたことと、妻と離婚したことを理由に、早苗を相手に民事裁判を起こすというのだ。相談を聞いてもあまり乗り気ではない凛香(寺島しのぶ)だが、佐々木の代理人をセイント法律事務所が担当することを知り、撤退的に戦うと宣言する。佐々木の父親がセイントの上客だったことから、セイント側は工藤誠治(吉沢悠)を葛城雄二(加藤雅也)がサポートするという万全の弁護体制だ。刑事と民事では争点が違うため、双方にとって難しい案件といえるが、セイントで行われた最初の交渉にかつての凛香の上司・児玉義勝(竹中直人)が顔を出し牽制してくる。麗と凛香は、以前から佐々木の勤務態度が会社で問題になっていたこと、妻とはすでに別居状態だったことも指摘する。これに対し、工藤は早苗の通勤時刻に辻褄が会わないことがあるとして、痴漢詐欺ではないかと鋭く反論する。この矛盾について早苗は硬く口を閉ざすのだが…。

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第4話」

麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)は、夫と離婚したいという紗英(酒井若菜)の相談を受ける。夫の横森茂(山中崇)は弁護士を目指して、司法試験を10年受け続けている。その間、紗英が生活費、学費を払い支えたが、さすがに限界だという。二人は一ヶ月前から別居中だ。麗と泰輔(溝端淳平)が茂を訪ねると、茂は絶対離婚しないと声を荒げるばかりで話しにならない。茂のヒステリックな言動も離婚理由の一つだ。紗英は慰謝料を請求しないかわりに早く別れたいと切実だ。そんな折、麗は以前自分が弁護をした岡島健吾(鈴木勝大)を町で見かけ、かつて弁護を担当した二つの事件を思い起こした。一つは妻と幼い娘を虐待していた男の事件。この時、麗は事件の真相を見抜くことができず、家族を不幸にしてしまった。もう一つは、健吾による窃盗事件である。健吾の裁判で、麗は裁判中に弁護を放棄して法廷を飛び出してしまった。二つの裁判で依頼人を傷つけたことがトラウマとなり、麗は法廷に立てなくなってしまったのだ。健吾は実刑を受け最近出所したばかりだが、不良仲間と交わっていることを知り、麗は更生を助けようとするが…紗英の裁判では、茂本人が自分を弁護することになった。麗と凛香は万全の準備を整えるが、麗は法廷に立つ勇気が出ない。そんな麗を案じて声を掛けた藤次郎(上川隆也)に、麗はこれまでのいきさつを打ち明ける。公判の日がやってきた。藤次郎、凛香、泰輔が傍聴席で見守る中、麗はかろうじて弁護席に立った。注目の裁判が始まるが…

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第5話」

麗(深田恭子)は、自分が初めて弁護を担当した裁判の依頼人の娘で、今は児童養護施設で暮らす小学生の知香(久家心)を施設に訪ねた。この裁判では父親、淳(増田修一朗)の知香に対する虐待が争点となり判決後、知香は母親の浩子(紺野まひる)に引き取られた。ところがその後、浩子も知香を虐待していたことが判明し、浩子が服役したことを施設のスタッフから聞き、麗は驚く。その浩子が最近出所して、知香との面会を希望しているという。知香は浩子と一緒に暮らすことを拒否し、母親相手に精神的苦痛による損害賠償を請求したいと麗に相談する。10歳の少女の切実な言葉に麗は驚くが、凛香(寺島しのぶ)は母親の親権を停止させればよいと知香にアドバイスする。 10歳の少女が母親に損害賠償を求める、という異例の裁判が始まった。麗は二人の幸せをゼロベースで思考して、意外な要求をする。一方、凛香が情報網を駆使して捜索している、セイント法律事務所を追われることになった経緯が、次第に明らかになってくるが…

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第6話」

滝口泰輔(溝端淳平)は同期の小沢理恵子(中別府葵)、秋山雄太(石井智也)たち司法修習生の模擬研修に参加し、やはり弁護士よりも裁判官がいいと熱く語っていた。そんな泰輔のもとに、元カノ・高橋真奈美(佐津川愛美)から相談があるという連絡が。出向いて見ると、真奈美はストーカー被害にあっていると脅えた表情で語る。加害者は真奈美が勤める子供服メーカーの先輩、安田隆史(清水優)である。上司である植野秀雄(住田隆)にも相談し、警察からの警告でしばらくは収まったが、最近になって再発しているという。しかし、安田はもうストーカーはしていないと否定していた。泰輔は蝶野(松重豊)と共に犯行を裏付ける証拠を探すが、十分な情報は得られなかった。泰輔が真奈美のために解決を目指そうとしていた矢先、事件が起きた。帰宅途中の真奈美を安田が待ち伏せていたのである。安田につかまれた腕を真奈美が振り払ったところ、安田は転倒してしまう。怖くなった真奈美はそのまま立ち去ってしまい、泰輔に相談するが、警察には黙っていて欲しいと訴える。意に反して重大な秘密を抱えてしまった泰輔は、気もそぞろ。ついには忠守藤次郎(上川隆也)に打ち明け、麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)が真奈美の弁護をすることになる。真奈美と連れだって警察に出頭すると、彼女に傷害罪で逮捕状が出ていると告げられ、そのまま取調べを受けることになるが…。

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第7話」

忠守藤次郎法律事務所に、中学生の三沢真由(葵わかな)とその母親、麻子(伊藤裕子)が訪ねてきた。部活であるチアリーディングの練習中に起きた接触事故で、怪我をさせた相手から高額の慰謝料を請求されたという相談だ。軽度なケガにふさわしくない金額に麗(深田恭子)は首を傾げる。真由の通う中学校は有名なお嬢様学校で、サラリーマン家庭の三沢家では学費の捻出に苦労していた。同じ部活に所属する徳永理菜(原舞歌)とその母・里美(宮本裕子)のようなセレブな家庭が上位に立つママカーストが存在し、真由と麻子は学校での居心地が悪いという。そんな折、真由と理菜に些細なトラブルが起きた。学校は、真由には退学を迫り、理菜にはお咎め無しだ。麗はゼロベース思考で真由の救済策を考えるのだが…。一方、老舗和菓子店の経営者・塚田まどか(菜葉菜)が相談のため事務所にやって来た。先日無くなった先代社長で父親の遺言書に関するトラブルだ。父親はまどかに会社を任せると言い残したのだが、まどかの兄・一郎(宇野祥平)は自分に経営権を譲ると記した父親の遺言書があると主張しているという。話し合いのため、一郎とその弁護士と面会した凛香は、先方の弁護士が凛香(寺島しのぶ)とは犬猿の仲の神谷菜津子(高岡早紀)だと知り驚く。二人は学生の頃から仲が悪く、互いにセレブでプライドが高い。 言葉を尽くして互いを激しく攻撃し、果ては相手を負かすためならグレーな手段もいとわないと闘志を燃やすが…。

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第8話」

麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)は、蝶野(松重豊)に頼まれて蝶野の友人、小坂貴宏(髙橋洋)とその恋人、俊彦(KABA.ちゃん)が予約した結婚式場に関するトラブルの相談を受ける。式場側が結婚式を突然キャンセルしてきたというのだ。二人がゲイだと知って慌てて断ってきたと考えられる。麗と凛香が式場を訪れ、債務不履行と人権侵害の恐れがあると指摘すると、式場は再考すると引き下がる。その説明を聞いた貴宏と俊彦が喜んだのも束の間、貴宏が倒れてしまう。実はガンに侵されていたのである。小坂と俊彦は養子縁組を済ませていた。愛し合うマイノリティーのカップルが家族として暮らすには、日本では養子縁組をするしか手段がないのだ。ところが、小坂の父親・恒吉(黒部進)が貴宏と俊彦の養子縁組の無効申し立てを起こしたことが分かる。恒吉は、貴宏が俊彦に騙されていると主張し、俊彦に多額の借金があることと、俊彦がかつて別の人物と養子縁組していたことも明らかになる。二人にとって不利な事実が次々と明らかになるなか、麗はゼロベース思考で解決策を考える…。一方、凛香はセイント法律事務所の葛城(加藤雅也)から、セイント追放を画策したのが工藤(吉沢悠)だったことを告げられる。信じていた部下に裏切られたことを知り、驚く凛香。詰め寄る凛香に、工藤は思いもよらない事実を告げる。

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第9話」

弁護士資格を取り戻した凛香(寺島しのぶ)はバッジを付け、忠守法律事務所から去っていく。しかし、セイントの後輩だった工藤(吉沢悠)が自分を裏切ったこと、その原因が自分がグレーな手法で勝ち取った裁判にあったことを知り、複雑な思いになる。一方、麗(深田恭子)は泰輔(溝端淳平)と協力して、大型トラックが子どもをはね5人も死亡させた事件を担当することになった。この事故では運転手も死亡しており、子どもたちを失った遺族の野村涼子(安達祐実)、岡田哲平(三又又三)、小橋アキラ(川野直輝)たちは民事で運送会社を訴えたい、と麗たちに話す。運送会社の弁護はセイントが担当しており、麗たちは凛香の助けなしにセイントとの交渉に入る。そんな折り、忠守(上川隆也)が、事故を起した運転手を知っていると言い出すが…

引用:TBS『女はそれを許さない』

女はそれを許さない「第10話(最終話)」

事故を起こし亡くなったトラック運転手・平田(和泉崇司)は、かつて危険ドラッグの使用で起訴されたことがあり、その弁護を忠守(上川隆也)が担当していた。そのことを知った野村涼子(安達祐実)たち遺族は、麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)にも不信感を抱く。平田の妻・真由美(原田佳奈)は、夫は忠守を裏切るようなことはしていないと訴え、そんな様子を見て麗たちは、5人の子どもと平田運転手が死んだ交通事故は単なる事故だったのかと疑問を持つ。麗は事件現場に足を運び、平田を知るという老婆、南さん(関えつ子)に事故当日の話を聞くことができた。泰輔(溝端淳平)も近所のピアノ教室が当日レッスンをしていたことを聞き出し、新たな証言を引き出そうと必死だ。凛香は得意な手法を駆使して、トラック事故に関する記録を探り出す。被告の運送会社は、大金を支払い和解を求めていると代理人・セイントの児玉(竹中直人)は言うが、遺族が望むのは真相究明だ。麗は次々と証人を法廷に送り出すが葛城(加藤雅也)もそれに応じ、一進一退の攻防が続く。やがて、事故当日の意外な事実が明らかになる…。

引用:TBS『女はそれを許さない』

『女はそれを許さない』の気になる作品情報まとめ

続いて、『女はそれを許さない』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『女はそれを許さない』の主題歌「GOLDEN GIRL」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『女はそれを許さない』の基本情報

『女はそれを許さない』は「2014年10月21日(火)」からTBSの22:00~で放送されたテレビドラマです。

2014年10月21日から12月23日まで毎週火曜日22時 – 22時54分に、TBSテレビ系「火曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は深田恭子と寺島しのぶ。

女はそれを許さない 女はそれを許さない
脚本 高橋泉、清水友佳子、渡辺啓、千葉美鈴
プロデューサー 浅野敦也、松本桂子
演出 滝本憲吾、竹村謙太郎、酒井聖博、青山貴洋
監督 高山暢比古
放送局 TBS系

『女はそれを許さない』の登場人物・キャスト情報

岩崎 麗(役:深田恭子)

弁護士だった父の影響で同じく弁護士の資格を取るも、法廷で逃げだしてしまって以来、事務所を辞め弁護士の資格から遠ざかっていた。今は派遣等の仕事をしながらロースクールに掛った費用を返済しているが、弁護士資格はそのままの為、父親の死を期に再び司法の世界に戻る決意をし、業界最大手・セイント法律事務所に応募するものの、面接官の凛香にあっさりと落とされてしまいます。

深田恭子

1982年11月2日生まれ、東京都出身。1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞しました。2015年8月、『100万回生きたねこ』で舞台に初挑戦。代表作品は『セカンドバージン』シリーズ、『専業主婦探偵〜私はシャドウ』です。

海老沢 凛香(役:寺島しのぶ)

大手弁護士事務所「セイント法律事務所」で企業訴訟を得意とする敏腕弁護士。

寺島しのぶ

1972年12月28日生まれ、京都府出身。2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞しました。代表作品は『龍馬伝』、『あさが来た』です。

そのほかのキャスト情報

  • 忠守 藤次郎
    役:上川隆也
  • 滝口 泰輔
    役:溝端淳平
  • 桑元 舞子
    役:山野海
  • 児玉 義勝
    役:竹中直人
  • 葛城 雄二
    役:加藤雅也
  • 工藤 誠司
    役:吉沢悠
  • 三上 浩子
    役:紺野まひる
  • 三上 淳
    役:増田修一朗

『女はそれを許さない』の主題歌は「いきものがかり」の「GOLDEN GIRL」

『女はそれを許さない』の主題歌は、いきものがかりの「GOLDEN GIRL」です。

「GOLDEN GIRL」は、ボーカルの吉岡聖恵が書き下ろした、頑張る女性への応援歌。強さと優しさをはらみ、そして伸びやかな吉岡聖恵の歌声とキラキラとしたメロディーとアレンジが心地良い極上ポップチューンです。

『女はそれを許さない』のロケ地はどこ?

『女はそれを許さない』のロケ地は公開されていません。

『女はそれを許さない』の視聴率は?

『女はそれを許さない』の視聴率は以下の通りです。

第1話 7%
第2話 6.2%
第3話 5.6%
第4話 7.1%
第5話 4.9%
第6話 6.3%
第7話 5.2%
第8話 7.3%
第9話 6%
第10話(最終話) 5.8%

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『女はそれを許さない』は6%前後と伸びなかった作品だと言えますね。

『女はそれを許さない』に続編はある?

『女はそれを許さない』の続編は、2021/6/16現在情報はありません。

『女はそれを許さない』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『女はそれを許さない』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『女はそれを許さない』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

2人が互いに感化されるいいストーリー

藤次郎先生の話し方はこころに染み込んでくる

https://twitter.com/TKanon0507/status/1401179506765811712

柳楽優弥くんまた別の顔見せてくれる!

 

まとめ

『女はそれを許さない』は動画サイト「Paravi」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

Paravi」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV