国内ドラマ

【見逃し配信あり】連続テレビ小説・ドラマ「エール」を全動画無料で視聴する方法|1話から最終話まで

エール

『エール』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

様々な動画サイトを調べた結果、「U-NEXT」ならば、「エール」を今すぐ無料で見れることがわかりました。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\31日間無料/

動画無し

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

この記事では、「エール」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの動画配信サービスを探すなら下記の記事をご覧ください。

絶対後悔しない!おすすめの動画配信(VOD)サービスを選ぶ方法を徹底解説!!

『エール』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『エール』を無料で視聴できるのは「U-NEXT」のみです。

今回は「Youtube」や「ネットフリックス」をはじめ、様々な動画サイトを調査しましたが、「U-NEXT」で無料視聴できるサイトはありませんでした。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\31日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

さっそくですが、ここからは「U-NEXT」の特徴と、『エール』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「U-NEXT」で視聴する

U-NEXT

U-NEXT」を利用すれば、『エール』を全話無料で見ることができます。

U-NEXTは14万本以上のドラマや映画、さらに70冊以上の雑誌を、好きなだけ見ることができる動画サイトです。

配信されているコンテンツ数は動画サイトの中でもトップクラスに多く、「マンガの無料配信など」も行なっているのが特徴的です。

通常は「月額1,990円」の料金がかかりますが、登録後31日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料

U-NEXTならば、『エール』を全話無料で視聴できるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

月額料金 月額1,990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
コンテンツ数 14万本以上※雑誌も70冊以上あり
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイル支払い
・Amazonで払う
・AppleID
デバイス登録数 4台まで可能
動画のダウンロード 可能
その他の国内ドラマ ・私が恋愛できない理由
・下町ロケット
・今日から俺は
その他多数
公式サイト https://video.unext.jp/
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「U-NEXT」などの動画配信サービスを利用するべきです。

『エール』をU-NEXTで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「U-NEXT」で「エール」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

手順1.「U-NEXT」に登録してドラマを視聴する

まずは「U-NEXT」の公式サイトにアクセスして、31日間無料体験の登録を行います。

フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。

U-NEXTの登録方法

入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、検索画面で「エール」と検索をかけたら、すぐにドラマを視聴することができます。

U-NEXTで麒麟がくるを視聴する

登録日から31日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■31日間での解約忘れに注意!

U-NEXT登録から31日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「U-NEXT」を31日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、メニューボタンから『設定・サポート』→『解約はこちら』の順でクリックするだけです。

U-NEXTの解約方法

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

U-NEXT登録前の疑問点を解決!

Q1.U-NEXTは本当にすぐ解約できる?

はい。メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.U-NEXTを家族全員で使うことはできる?

はい。U-NEXTは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、U-NEXTは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『エール』第1週から第26話(最終週)までのあらすじ

『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」等、数々の応援歌やヒット歌謡曲を手がけた、昭和を代表する作曲家・古関裕而(こせき ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した金子きんこ氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語。

<”日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、 急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、 のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一が誕生する。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、 周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 青年になった裕一は、一度は音楽の道をあきらめようとするが、 ある日家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募してなんと上位入賞を果たす。 それをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内 音と知り合う。 福島と豊橋―遠く離れた地に住みながらも、音楽に導かれるように出会った二人は結婚する。 そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。 しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。 自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽の力で勇気づけようと、 新しい時代の音楽を奏でていく─。”>

引用:NHK

ここからはそんな『エール』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

エール第1週 「初めてのエール」

 大正時代。福島の老舗呉服屋の長男・古山裕一(石田星空)は不器用で内気な少年で、いじめられがち。しかし担任の藤堂先生(森山直太朗)の勧めで作曲を始めると、秘めた才能を発揮する。一方、父の三郎(唐沢寿明)と母のまさ(菊池桃子)は店の経営に行き詰まっていた。そこに裕一の伯父・権藤茂兵衛(風間杜夫)からある申し出があり…。ある日、音楽家を夢見る裕一は、ガキ大将の村野鉄男(込江大牙)の秘密を知ってしまい!?

引用:NHK『エール』

エール第2週「運命のかぐや姫」

豊橋で馬具を製作販売している関内家の次女、音(清水香帆)は、11歳。父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)のもと、姉・吟(本間叶愛)、妹・梅(新津ちせ)と楽しい日々を過ごしていた。音は、小学校の最高学年になり、クラスで竹取物語を上演することになり、主役のかぐや姫を演じることを願うのだが…。そんなある日、教会でオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)が歌を披露するところに居合わせる。

引用:NHK『エール』

エール第3週「いばらの道」

福島商業学校で学ぶ裕一(窪田正孝)は、ハーモニカ倶楽部に入り、音楽に夢中の毎日。ある日、倶楽部の会長、舘林(川口覚)から、定期公演で演奏するオリジナル曲を作らないかと誘われる。一方、三郎(唐沢寿明)が経営する呉服屋喜多一は不況の影響を受け、売り上げが激減。融資を受けなければならなくなる。三郎は妻のまさ(菊池桃子)の兄・茂兵衛(風間杜夫)に頼むかどうか悩むが、それにはある条件があり…。

引用:NHK『エール』

エール第4週「君はるか」

将来の目標が見えない日々を送っている裕一(窪田正孝)。ある日、鉄男(中村蒼)が訪ねてきて「国際作曲コンクール」の話をする。一方、豊橋の関内家では音(二階堂ふみ)が幼少の頃に出会った双浦環(柴咲コウ)のような歌手になることを夢見て、御手洗清太郎先生(古川雄大)から声楽のレッスンを受けていた。音の姉の吟(松井玲奈)は、お見合いを重ね、妹の梅(森 七菜)は作家を目指していた。そんな関内家にある知らせが届くが…。

引用:NHK『エール』

エール第5週「愛の狂騒曲」

音(二階堂ふみ)の真意を確かめようと、裕一(窪田正孝)が、突然豊橋の関内家を訪問する。光子(薬師丸ひろ子)は、裕一の来訪を喜ぶ音に、裕一との関係を断ち切るように言う。一方、福島では裕一の姿が見えなくなったことで騒ぎが起こっていた。伯父の茂兵衛(風間杜夫)は行き先を知っているはずと三郎(唐沢寿明)を問い詰めるのだが…。茂兵衛はすぐにでも裕一を養子として正式に権藤家を継がせたいと考えていた。

引用:NHK『エール』

エール第6週「ふたりの決意」

豊橋での演奏会を終えて、裕一(窪田正孝)は意気揚々と福島に帰るが、音(二階堂ふみ)との結婚を認めないまさ(菊池桃子)や浩二(佐久本宝)たちの気持ちを初めて知り、将来の選択について心が揺れる。そんな折、イギリスから国際郵便が届く。それは裕一の海外留学についての衝撃の知らせだった・・・。音楽の道から離れようとする裕一に対し、夢をあきらめてほしくない音は、東京でレコード会社に裕一の売り込みを開始する!

引用:NHK『エール』

エール第7週「夢の新婚生活」

家族に反対されながらも上京した裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)との新婚生活をスタートさせる。同時にレコード会社の専属作曲家としての仕事も始まるが、一向に曲が採用されない。そんな中、同期入社の木枯正人(野田洋次郎)の曲が先にレコードになり、焦りは募るばかり。一方、音は歌手を目指して音楽学校に入学。そして上級生の佐藤久志(山崎育三郎)と急接近!久志は裕一の幼なじみで二人は思いがけず運命の再会を果たす。

引用:NHK『エール』

エール第8週「紺碧の空」

久志(山崎育三郎)の入れ知恵で、古山家に早稲田大学の応援部の団員たちが押しかけてくる。野球で慶応大学に勝つための新しい応援歌の作曲をしてほしいという依頼だった。引き受けたもののなかなか曲が書けずに行き詰まり、周りの人間にあれこれ言われていらだつ裕一(窪田正孝)。音(二階堂ふみ)は書き置きを残して豊橋に帰ってしまう。早慶戦の試合が迫る中、音は裕一が作曲するためのヒントを求めて団長・田中隆(三浦貴大)を訪ねる。

引用:NHK『エール』

エール第9週「東京恋物語」

「紺碧の空」で自信を取り戻した裕一(窪田正孝)は、福島で新聞記者をする鉄男(中村蒼)を呼び出す。自分が曲を作って久志(山崎育三郎)が歌うので、詞を書いてほしいと頼む。一方、音楽学校の記念公演のヒロイン役最終選考に向けて、音(二階堂ふみ)は男女の機微を学ぶために男女の社交場のカフェーで働くことにする。心配した裕一に頼まれて店に様子を見に来た鉄男は、そこで店員の希穂子(入山法子)を見て驚くのだが・・・。

引用:NHK『エール』

エール第10週「響きあう夢」

ヒット曲に恵まれない裕一(窪田正孝)は、木枯(野田洋次郎)から売れっ子作詞家の高梨一太郎を紹介される。高梨に見込まれ裕一が作曲した「船頭可愛いや」は藤丸(井上希美)の歌でレコードに。しかし廿日市(古田新太)の期待もむなしく全く売れない。そこで起死回生で取られた手段とは!? 一方、音楽学校のオペラ公演に向け、音(二階堂ふみ)らは、環(柴咲コウ)のもと本番に向けて稽古に励んでいたが・・・。

引用:NHK『エール』

エール第11週「家族のうた」

恩師の藤堂先生(森山直太朗)に依頼され、福島の小学校の校歌を作曲することになった裕一(窪田正孝)。完成披露会をきっかけに音(二階堂ふみ)を連れて福島に帰ってくる。故郷を飛び出したきりだった裕一のために、父・三郎(唐沢寿明)、と母・まさ(菊池桃子)は懐かしい仲間を呼んで歓待する。しかし弟の浩二(佐久本宝)だけは裕一に冷たく、いらだっているのだった。そんな中、音は三郎のある異変に気づき・・・。

引用:NHK『エール』

エール第12週「アナザーストーリー」

オムニバス形式の5話。

音(二階堂ふみ)の亡き父・安隆(光石 研)があの世から10年ぶりに地上に戻ってくる。安隆は与えられた2日間で東京の古山家と豊橋の関内家を訪れる(56回、57回)。

古山家の近所の喫茶「バンブー」の店主・梶取 保(野間口 徹)と妻・恵(仲 里依紗)のなれ初めは…(58回)。

音の憧れの存在・双浦 環(柴咲コウ)の若き日の夢と恋の物語。環はオペラ歌手になることを目指してパリに留学。そこで運命的な出会いが…(59回、60回)。

引用:NHK『エール』

エール第13週「スター発掘オーディション!」

安定した作曲家生活を送るようになった裕一(窪田正孝)は、廿日市(古田新太)からオーディションで発掘する新人歌手のデビュー曲の作曲を依頼される。裕一は、いまだ歌手デビューできていない久志(山崎育三郎)にオーディションへの応募を勧める。一方、かつて音(二階堂ふみ)に歌を教えていた御手洗清太郎(古川雄大)も豊橋から上京。二人は、一つの合格枠をめぐってライバル心を燃やす。そしていよいよオーディション当日!

引用:NHK『エール』

エール第14週「弟子がやって来た!」

ある日、古山家に田ノ上五郎(岡部 大)という青年がやって来る。五郎は作曲家を目指していて裕一(窪田正孝)の弟子になりたいという。裕一は悩んだ末、古山家に居候させることにする。時を同じくして、音(二階堂ふみ)の妹・梅(森 七菜)が文学の新人賞を受賞し、上京。五郎と梅は夢に向かって古山家で修行の日々を過ごすが、お互いのことが気になり…。そこへ久志(山崎育三郎)が梅に一目ぼれし、大騒動が巻き起こる?!

引用:NHK『エール』

エール第15週「先生のうた」

世の中に戦時色が漂い始める中、裕一(窪田正孝)は「露営の歌」を作曲し大ヒット。はからずも戦時歌謡の旗手として注目されると、吟(松井玲奈)の夫で陸軍に勤める智彦(奥野瑛太)から作曲を依頼される。詞を鉄男(中村 蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当する“福島三羽ガラス”がついに始動するが、曲作りは難航。きっかけをつかもうと三人は福島へ帰郷し恩師・藤堂先生(森山直太朗)に再会するが、意外なことを聞き…。

引用:NHK『エール』

『エール』の気になる作品情報まとめ

続いて、『エール』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『エール』の主題歌「星影のエール」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『エール』の基本情報

『エール』は「2020年3月30日(月)」からNHKの毎週月曜~土曜「午前8時~8時15分」「午後0時45分~1時00分」で放送されている連続テレビ小説(ドラマ)です。

撮影が始まっていたにも関わらず、脚本家が異例の途中降板をした作品でもあります。

エール エール
脚本 清水友佳子 嶋田うれ葉 吉田照幸
プロデューサー 土屋勝裕 小西千栄子 宮本えり子 小林泰子 土居美希
演出 吉田照幸 松園武大 橋爪紳一朗
監督 吉田照幸
原作 林宏司
放送局 NHK系

『エール』の登場人物・キャスト情報

古山 裕一(こやま ゆういち)(役:窪田 正孝)

窪田正孝さん演じる「古山裕一」。 福島で代々続く老舗呉服屋の長男。 気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うことでその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

窪田 正孝

“1988年生まれ、神奈川県出身。 2006年、「チェケラッチョ!! in TOKYO」で連ドラ俳優デビュー。 12年、映画『ふがいない僕は空を見た』でヨコハマ映画祭最優秀新人賞、高崎映画祭最優秀助演男優賞。 代表作は、ドラマ「ラジエーションハウス」、映画「東京喰種 トーキョーグール 【S】」等。”

関内 音(せきうち おと)(役:二階堂 ふみ)

二階堂ふみさん演じる「関内音」。 将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ている製造販売を行う関内家の三姉妹の次女。

二階堂 ふみ

“1994年生まれ、沖縄県出身。 2009年、「ガマの油」でスクリーンデビュー。 代表作は、映画「ヒミズ」「私の男」「翔んで埼玉」「人間失格」等。”

古山 三郎(こやま さぶろう)(役:唐沢 寿明)

唐沢寿明さん演じる「古山三郎」。 老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」の4代目店主。 三男なので、店を継ぐことはないだろうと思っていたが、長男次男が相次いで亡くなり、店を継ぐことに。 子どもたちには自分の好きな道を歩んでほしいと願っている。

唐沢 寿明

“1963年生まれ、東京都出身。 1980年デビュー。 代表作は、映画「20世紀少年」「トイ・ストーリー」、ドラマ「利家とまつ」「白い巨塔」等。”

関内 光子(せきうち みつこ)(役:薬師丸 ひろ子)

薬師丸ひろ子さん演じる「関内光子」。 音の母。 新しい時代に、女性もしっかり自立すべきと考え、3人の娘たちにはそれぞれ好きな道を歩ませたいと考えている。

薬師丸 ひろ子

“1964年生まれ、東京都出身。 1978年、「野性の証明」で女優デビュー。 1981年、「セーラー服と機関銃」で歌手デビュー。 代表作は、映画「ALWAYS三丁目の夕日」、ドラマ「あまちゃん」等。”

そのほかのキャスト情報

  • 古山 まさ
    役:菊池 桃子
  • 藤堂 清晴
    役:森山 直太朗
  • 関内 安隆
    役:光石 研
  • 佐藤 久志
    役:山崎 育三郎
  • 権藤 茂兵衛
    役:風間 杜夫
  • 村野 鉄男
    役:中村 蒼
  • 双浦 環
    役:柴咲 コウ
  • 関内 吟
    役:松井 玲奈

『エール』の主題歌は「GReeeeN」の「星影のエール」

『エール』の主題歌は、GReeeeNの「星影のエール」です。

「僕たちのゆかりの地、福島出身の偉大な作曲家・古関裕而さんをモデルとした作品に関われること、大変光栄です。」 「楽曲を書くにあたっては、ドラマの主人公・窪田正孝さん演じる裕一、二階堂ふみさん演じる音の夫婦の姿、そして、それぞれの人生の主人公である皆さんと、大切な誰かの姿を想像しました。」 「そばにいる大事な人との人生を照らしあえる星影であれますように。」とGReeeeNはコメント。

『エール』のロケ地は福島県郡山市・福島市

『エール』は福島県郡山市・福島市で撮影されています。

「安積歴史博物館」:裕一が通う福島商業学校

住所:福島県郡山市開成5-25-63

「旧廣瀬座」:ハーモニカ倶楽部定期公演の会場

住所:福島県福島市上名倉大石前

『エール』の視聴率は?

『エール』の視聴率は以下の通りです。

第1週 19.5%
第2週 19.9%
第3週 19.7%
第4週 20.6%
第5週 20.8%
第6週 20.4%
第7週 21.2%
第8週 21.8%
第9週 21.3%
第10週 21.2%
第11週 21.2%
第12週 20.3%
第13週 20.5%
第14週
第15週
第16週

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『エール』は既にヒット作品と言えますね。

『エール』に続編はある?

『エール』の続編は、今のところ予定はありませんが、今後、特別編などがあることは、過去作をみても容易に想像つきますね。

『エール』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『エール』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『エール』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

あと少しで志村けんさんが登場

松尾諭と田口浩正が似ている

名前の通り本当にエールをくれる

まとめ

『エール』を無料視聴できるのは、動画サイト「U-NEXT」だけです。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\31日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

U-NEXT」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV