国内ドラマ

【完全無料】ドラマ「昼のセント酒」全動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『昼のセント酒』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、「amazonプレミアム」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、amazonプレミアム以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

この記事では、実際にamazonプレミアムで「昼のセント酒」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの動画配信サービスを探すなら下記の記事をご覧ください。

絶対後悔しない!おすすめの動画配信(VOD)サービスを選ぶ方法を徹底解説!!

『昼のセント酒』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『昼のセント酒』は「amazonプレミアム」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「amazonプレミアム」の特徴と、『昼のセント酒』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「Amazonプライム」で視聴する

Amazonプライム」を利用すれば、『昼のセント酒』を全話無料で見ることができます。

Amazonプライムは、2,000本以上のドラマ、アニメ、映画を視聴できる動画配信サイト。

動画配信だけでなく、Amazon Musicが聴き放題だったり、送料・お急ぎ便無料であったり、動画以外にも幅広いサービスを利用できるのが特徴的。

数ある動画サイトの中でも知名度が高く、すでに登録している人も多いことでしょう。

通常は「月額500円」の料金がかかりますが、登録後30日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

登録は3分ほどで完了するので、サクッと登録を済ませて、ドラマを視聴してみてくださいね。

月額料金 月額500円(税込)
年払い4,900円(税込み)
月換算約409円
無料お試し期間 30日間
コンテンツ数 2000本以上
支払い方法 ・クレジットカード
・PayPal
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイルまとめて支払い
・Amazonギフト券
その他の国内ドラマ ・新・南の帝王
・東京ラブストーリー
・私、結婚できないんじゃなくて、しないんです。
その他多数
公式サイト https://www.amazon.co.jp/amazonprime
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「amazonプレミアム」を利用するのが一番おすすめです。

『昼のセント酒』をAmazonプライムで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「Amazonプライム」で「昼のセント酒」を無料視聴するまでの手順を、画像を使いながら解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

登録方法:Amazonプライムのアカウントを作成する

まずは「Amazonプライム」の公式サイトにアクセスして、30日間無料体験の登録を行います。

Amazonのアカウントを持っていない場合は、まずアカウント作成するところから始めましょう。

登録に必要な情報は、「メールアドレス」「パスワード」「住所」「支払い方法」の4つだけです。

フォームに沿って入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、検索画面で「昼のセント酒」と検索をかければ、すぐにドラマを視聴することができます。

amazonプライムビデオの「昼のセント酒」検索画面

■30日間での解約忘れに注意!

Amazonプライム登録から30日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

解約方法:30日以内に解約手続きを済ませる

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、画面上部にあるアカウントボタンから『アカウント』→『契約を解除する』の順でクリックするだけです。

Amazonアカウントの作成方法

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

Amazonプライム登録前の疑問点を解決!

Q1.Amazonプライムは本当にすぐ解約できる?

はい。アカウント画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.Amazonプライムを家族全員で使うことはできる?

はい。Amazonプライムは1つのアカウントで最大2つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、Amazonプライムは月額500円ほどですので、1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『昼のセント酒』1話から12話(最終話)までのあらすじ

『昼のセント酒』は、広告代理店「日の出広告株式会社」の社員である内海は営業の仕事中に銭湯を見つけると、いてもたってもいられなくなりつい仕事をサボり銭湯に入りお酒を飲む日常を楽しんでいました。そんな内海の銭湯とお酒ありきの日常を描いたドラマです。

<明るいうちからの”銭湯”と”酒”「あぁぁぁぁぁぁ、申し訳ない!」背徳感の中で味わう至福の瞬間!新しい大人の道楽ドラマ誕生!銭湯と酒をテーマに、背徳感を感じながらも人々が働いている平日の昼間から銭湯で体を流して、明るいうちから一杯飲むという大人ならではの道楽を描いていきます。>

引用:テレビ東京

ここからはそんな『昼のセント酒』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

昼のセント酒「第1話」

 日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、浅草の小さな和菓子店に営業に来ていた。同僚の大西(柄本時生)には、「何年も前に小さな仕事を受けただけの店に通い続けるのは非効率だ」と非難されたが、地道な努力の結果ついに発注をもらい、さらには店主の紹介で大型和菓子店からの発注も受けることになった。改めて『人と人とのつながりを大切に』という自分の信念をかみしめていると、一人の女性外国人に道を聞かれる。彼女が持っていたガイドブックには「蛇骨湯」の文字が。浅草のど真ん中、細長い路地裏の奥にある江戸時代から続く銭湯「蛇骨湯」。時計を見れば時刻は午後2時前。真っ昼間からの銭湯なんて・・・と逡巡したものの、ここに連れてこられたのも何かの縁だと自分に言い聞かせると、結局今日もまた銭湯の暖簾をくぐる。天然温泉で体を清め、立派な富士山のタイル絵を背にしながら浴槽に身を沈めると、思わず「申し訳ない!!」と至福の言葉をもらすのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第2話」

日の出広告(株)の企画営業部2課で働くサラリーマン・内海孝之(戸次重幸)は、今週も課の中で一人売り上げを立てられず、上司の堂園(八木亜希子)からプレッシャーをかけられていた。何とか結果を出すべく、何度も足を運んでいた代々木上原の不動産屋へと営業に行くことにした内海は、粘りの交渉で発注を決める。その勢いでさらにもう一軒飛び込みで営業をかけると、なんと運よく二つ目の発注もきまり思わずガッツポーズを決めると、視線の先に「大黒湯」とかかれた小さな看板を目にするのであった。まだ日は高いが、頑張った自分へのご褒美にと銭湯に入ろうと決心し、会社に電話をし「ノーリターン」と告げる。駅近くの狭い路地を分け入った先にあったのはマンションの一階部分に作られた銭湯「大黒湯」。世の人たちはまだ額に汗して労働にいそしんでいる時間だ、という後ろめたさに襲われ再び逡巡する内海だったが「今日だけは、ということで」とつぶやくと、ネクタイとシャツのボタンを外し、のれんをくぐるのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第3話」

蒲田にある得意先で総務課長と向き合っている、日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)。何度となく足を運び地道に提案を重ねてきたのだが、経費削減のため広告はすべて中止になったと告げられてしまう。一旦は落ち込んだものの、気持ちを入れ替え再び飛び込み営業をしようと気合を入れた内海の視線の先に「蒲田温泉」の看板が現れる。東京都で最も銭湯が多いと言われる大田区の中でも、多くの銭湯ファンに愛され高い人気を誇る「蒲田温泉」。今まさに大口の顧客を落としてしまい、必死で挽回しなくてはならないタイミングだと自分に言い聞かせる内海。しかし、頭ではわかっていながらも都合の良い言い訳で自分をごまかし「今日だけは、ということで」とつぶやくと、ネクタイとシャツのボタンを外し、のれんをくぐるのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第4話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、祖師ヶ谷大蔵の畑で大根の収穫を手伝っていた。「大蔵大根」のPRをしたい生産者から何とか発注をもらうべく必死で頑張るのだが、やはり結果は出ない。それでも前向きに営業をしようと目の前の酒屋に飛び込み営業をかけるが、肝心の社長は不在で、たまたま居合わせたバイトの男に逆に将来を心配されてしまうのだった。まずは今週の数字を作らなくては、と気合を入れなおす内海だったが、脇道に「天然温泉」の看板を見つけてしまう。祖師ヶ谷大蔵の商店街の脇にある、近代的な外観と天然温泉、そして豊富な設備をそなえた銭湯「そしがや温泉21」。上司の顔が脳裏に浮かんでくるものの、やはり誘惑には勝てず「帰社時間未定」と会社に電話をする内海。自分と同じサラリーマンが必死に働く姿を見かけ一瞬葛藤するものの「今日だけは、ということで」とつぶやくと、ネクタイとシャツのボタンを外し、のれんをくぐるのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第5話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、得意先に提案する企画書を作るためにデスクに向かっていた。朝までかかって何とか企画書を書きあげると、その勢いのまま御徒町へと営業に出かけることに。まずは腹ごしらえをしようと営業中の飲食店を探していると、繁華街の中に趣のある立派な銭湯を見つけるのだった。上野御徒町のビルの間に佇む、東京で唯一、文化庁の登録有形文化財に指定されている銭湯「燕湯」。時計を見ると時間は朝の7時12分、まだ始業前である。朝まで残業して頑張った自分へのご褒美に、「今日は文句なしということで」とつぶやくと、堂々と暖簾をくぐる。髪と体をきれいに洗って湯船につかると、徹夜明けの疲れきった体がお湯の中でほどけていくのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第6話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、上司の堂園(八木亜希子)とともに北千住の呉服店に営業に訪れていた。弱気な内海の横で、堂園は見事な営業トークで店主の心をとらえ、より大きな広告展開のプランを決定させる。「あれが本当の営業か」と心を打たれ、自分は真面目に足で稼ぐしかないと決意も新たに顔を上げるが、そこに立派な銭湯の煙突を見つけてしまうのだった。昭和二年に北千住で営業を開始した、威風堂々たる銭湯「タカラ湯」。堂園の後姿と煙突を交互に見比べ逡巡するも、「今日だけは、ということで」とつぶやくと暖簾をくぐる内海。下町の人々の人情あふれるやりとりをほほえましく見つめながら、ゆっくりと湯につかるのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第7話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、練馬桜台のトリミングサロンに営業に来ていた。一仕事終え、さらに飛び込みで営業ができそうなところを探していると、美術館のような立派な建物を見つける。よく見るとその入口には「天然温泉」の文字が。住宅街の中でひときわ異彩を放つデザイナーズ銭湯「天然温泉 久松湯」。斬新すぎる銭湯に興味津々の内海は、会社に電話をし「終日打ち合わせ」とボードを書き直してもらうと「今日だけは、ということで」とつぶやきながらロビーへと入っていく。まるでホテルのフロントのような受付で、入浴料を払い、男湯ののれんをくぐると、そこには高級スポーツクラブのような脱衣場が。そして浴場のドアをあけると、さらにスタイリッシュな空間が広がっていた・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第8話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、ドラッグストアの社長とのアポのために銀座を訪れていた。堂園課長(八木亜希子)をはじめ営業部の面々からのプレッシャーを受け、目標達成のために意気込んで店に向かうものの、社長は不在でアポイントをキャンセルされてしまう。空いてしまった時間で新規営業をしようと歩いていると、繁華街の中に温泉マークのついた看板を見つける。高級店が軒を連ねる銀座のど真ん中に位置する、老舗銭湯「金春湯」。多くの人々が働く都心のオフィス街という環境にいつも以上に罪悪感を感じる内海だったが、やはり誘惑に勝てず、会社に一本電話を入れると「今日だけは、ということで」とつぶやきながら暖簾をくぐる。老舗銭湯らしい昔ながらの番台と気品あふれる脱衣所を抜けると、そこには赤富士の立派なペンキ絵が描かれた浴場が広がっていたのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第9話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、PRを依頼された小学生向けお仕事体験イベントのプログラムを決めるために、出張で静岡県の沼津港を訪れていた。地元漁師の北川(でんでん)のもとで、汗をかきながら漁港の仕事を実際に体験する内海。無事にプログラムも決まり、北川の運転する車で駅へと帰っていると車窓から銭湯の煙突を見つける。車を止めてもらい煙突に向かって歩いていくと、そこには白い洋館のようなレトロな佇まいの建物があった。創業明治12年、沼津では残すところあと一軒となってしまった銭湯「吉田温泉」。内海は沼津唯一の銭湯との偶然の出会いを大切にしようと男湯の扉を開け、消えゆく銭湯文化に思いを募らせながら一番風呂を楽しむのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第10話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、用賀にある時計店に営業に来ていた。店主が言った「使う人間の心持ち次第で、時間の価値は変わる」という言葉に感銘を受ける内海。仕事を終え駅に向かって歩いていると、前方に細くて小さな煙突を見つける。いつもならわき目も振らず銭湯を探すところだが、先ほどの店主の言葉を思い出して『今日は真面目に営業に専念しよう』と思いとどまる。しかし・・・ランニング中のカップルの会話から聞こえてきた「檜風呂」という単語に反応してしまい、結局欲望に負けて暖簾をくぐってしまうのだった。世田谷区用賀の隠れ家的銭湯「藤の湯」。東京銭湯の定番・宮造りのノスタルジックな銭湯である。木をふんだんに使った脱衣所を抜け浴場に入ると、大きな東屋と立派な檜風呂に目を奪われるのであった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第11話」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、ティッシュ広告の受注先である、高円寺の美容院に来ていた。「出来のいい広告を早く配りたい」とお願いされ、なぜかティッシュ配りをさせられてしまう内海。真面目にすべてのティッシュを配り終り、駅に向かって歩き出すと、通りの先に銭湯の袖看板を見つける。いつものように誘惑に負けそうになるが、今朝、社長(竹中直人)から言われた「営業マンに必要なのは人間力」「営業マンが稼がないと会社はつぶれる」という言葉を思い出し思いとどまっていると、携帯に着信が入る。電話の主は先ほどの美容院の店長で、追加の発注をしたいという。内海の配った広告を見て客が来てくれたのだ。「これも人間力」と自分に言い聞かせると内海は銭湯への路地を入っていく。活気ある商店街と様々な文化が混在する高円寺で人々に愛され続けてきた銭湯「小杉湯」。ミュージシャンや劇団員など多種多様なお客さんを観察しながら、未体験のミルク風呂に体を沈めるのだった・・・

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

昼のセント酒「第12話(最終話)」

日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、浅草の小さな和菓子店に営業に来ていた。同僚の大西(柄本時生)には、「何年も前に小さな仕事を受けただけの店に通い続けるのは非効率だ」と非難されたが、地道な努力の結果ついに発注をもらい、さらには店主の紹介で大型和菓子店からの発注も受けることになった。改めて『人と人とのつながりを大切に』という自分の信念をかみしめていると、一人の女性外国人に道を聞かれる。彼女が持っていたガイドブックには「蛇骨湯」の文字が。浅草のど真ん中、細長い路地裏の奥にある江戸時代から続く銭湯「蛇骨湯」。時計を見れば時刻は午後2時前。真っ昼間からの銭湯なんて・・・と逡巡したものの、ここに連れてこられたのも何かの縁だと自分に言い聞かせると、結局今日もまた銭湯の暖簾をくぐる。天然温泉で体を清め、立派な富士山のタイル絵を背にしながら浴槽に身を沈めると、思わず「申し訳ない!!」と至福の言葉をもらすのだった・・・。

引用:テレビ東京『昼のセント酒』

『昼のセント酒』の気になる作品情報まとめ

続いて、『昼のセント酒』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『昼のセント酒』の主題歌「WEEKEND JOURNEY」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『昼のセント酒』の基本情報

『昼のセント酒』は「2016年4月10日(日)」からテレビ東京の0:20~で放送されたテレビドラマです。

2016年4月10日(9日深夜)から6月26日(25日深夜)まで毎週日曜0:20 – 0:50(土曜深夜)にテレビ東京系で放送されました。一部の間では、「銭湯版・孤独のグルメ」とも呼ばれています。

昼のセント酒 昼のセント酒
脚本 田口佳宏
プロデューサー 渡邉一仁、吉見健士
監督 Yuki Saito、井川尊史
原作 久住昌之
放送局 テレビ東京系

『昼のセント酒』の登場人物・キャスト情報

内海 孝之(役:戸次重幸)

日の出広告株式会社の営業マン。元は内勤だったが一年前に営業二課に回される。

戸次重幸

1973年11月7日生まれ、北海道出身。日本の俳優、演出家、脚本家、タレント、声優、歌手として活動しています。ガンダムシリーズやカメラ、模造刀、エアガンなど幅広い分野に造詣が深く、マニア的な側面があります。代表作品は『グッド・ドクター』、『なつぞら』です。

そのほかのキャスト情報

  • 堂園 翔子
    役:八木亜希子
  • 大西 大輔
    役:柄本時生
  • 遠藤 早苗
    役:廣田あいか
  • 村井 良夫
    役:塩山誠司
  • 堀口 直人
    役:金子大地
  • オジサン
    役:温水洋一
  • 強面中年
    役:TKO
  • 清水
    役:古舘寛治

『昼のセント酒』の主題歌は「高橋優」の「WEEKEND JOURNEY」

『昼のセント酒』の主題歌は、高橋優の「WEEKEND JOURNEY」です。

「WEEKEND JOURNEY」は、「だめだとわかっているけどやめられない」という背徳感にまつわる感情を存分に楽曲の中で表現した楽曲となっています。

『昼のセント酒』のロケ地はどこ?

『昼のセント酒』は東京都で撮影されています。

久松湯

住所:〒176-0002 東京都練馬区桜台4丁目32−15

小杉湯

住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目32−17

『昼のセント酒』の視聴率は?

『昼のセント酒』の視聴率は以下の通りです。

第1話 %
第2話 %
第3話 %
第4話 %
第5話 %
第6話 %
第7話 %
第8話 %
第9話 %
第10話 %
第11話 %
第12話(最終話) %

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『昼のセント酒』の視聴率は公開されていません。

『昼のセント酒』に続編はある?

『昼のセント酒』の続編は、2021/2/8現在情報はありません。

『昼のセント酒』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『昼のセント酒』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『昼のセント酒』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

ビール苦手だけど見てると飲みたくなってくる

影響受けて銭湯の後ビール飲んだら最高だった!!

なにより戸次さんが楽しそう

まとめ

『昼のセント酒』は動画サイト「amazonプレミアム」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

amazonプレミアム」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV