国内ドラマ

【完全無料】「スカーレット」全ドラマ動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『スカーレット』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、「U-NEXT」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、U-NEXT以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年10月20日時点のものです。

この記事では、実際にU-NEXTで「スカーレット」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

『スカーレット』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『スカーレット』は「U-NEXT」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年10月20日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「U-NEXT」の特徴と、『スカーレット』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「U-NEXT」で視聴する

U-NEXT

U-NEXT」を利用すれば、『スカーレット』を全話無料で見ることができます。

U-NEXTは14万本以上のドラマや映画、さらに70冊以上の雑誌を、好きなだけ見ることができる動画サイトです。

配信されているコンテンツ数は動画サイトの中でもトップクラスに多く、「マンガの無料配信など」も行なっているのが特徴的です。

通常は「月額1,990円」の料金がかかりますが、登録後31日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料

U-NEXTならば、『スカーレット』を全話無料で視聴できるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

月額料金 月額1,990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
コンテンツ数 14万本以上※雑誌も70冊以上あり
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイル支払い
・Amazonで払う
・AppleID
デバイス登録数 4台まで可能
動画のダウンロード 可能
その他の国内ドラマ ・私が恋愛できない理由
・下町ロケット
・今日から俺は
その他多数
公式サイト https://video.unext.jp/

無料で見れるVODをコピペする(足りない分は追加)

【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「U-NEXT」を利用するのが一番おすすめです。

『スカーレット』をU-NEXTで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「U-NEXT」で「スカーレット」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

手順1.「U-NEXT」に登録してドラマを視聴する

まずは「U-NEXT」の公式サイトにアクセスして、31日間無料体験の登録を行います。

フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。

U-NEXTの登録方法

入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、検索画面で「スカーレット」と検索をかけたら、すぐにドラマを視聴することができます。

U-NEXTで麒麟がくるを視聴する

登録日から31日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■31日間での解約忘れに注意!

U-NEXT登録から31日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「U-NEXT」を31日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、メニューボタンから『設定・サポート』→『解約はこちら』の順でクリックするだけです。

U-NEXTの解約方法

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

U-NEXT登録前の疑問点を解決!

Q1.U-NEXTは本当にすぐ解約できる?

はい。メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.U-NEXTを家族全員で使うことはできる?

はい。U-NEXTは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、U-NEXTは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『スカーレット』1話から25話(最終話)までのあらすじ

『スカーレット』は、戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、幼いながらも一家の働き手だった。15歳に大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、陶芸の世界に飛び込み大好きな陶芸にいそしむ。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。

<戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。>

引用:NHK

ここからはそんな『スカーレット』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

1話2019年9月30日〜10月5日「はじめまして信楽」
2話10月7日〜10月12日「意地と誇りの旅立ち」
3話10月14日 – 10月19日「ビバ!大阪新生活」
4話10月21日 – 10月26日「一人前になるまでは」
5話10月28日 – 11月2日「ときめきは甘く苦く」
6話11月4日 – 11月9日「自分で決めた道」
7話11月11日 – 11月16日「弟子にしてください!」
8話11月18日 – 11月23日「心ゆれる夏”」
9話11月25日 – 11月30日「火まつりの誓い”」
10話12月2日 – 12月7日”「”好きという気持ち”」
11話12月9日 – 12月14日”「”夢は一緒に”」
12話12月16日 – 12月21日”「”幸せへの大きな一歩”」
13話12月23日 – 12月28日”「”愛いっぱいの器”」
14話2020年1月6日 – 1月11日”「”新しい風が吹いて”」
15話1月13日 – 1月18日”「”優しさが交差して”」
16話1月20日 – 1月25日”「”熱くなる瞬間”」
17話1月27日 – 2月1日”「”涙のち晴れ”」
18話2月3日 – 2月8日”「”炎を信じて”」
19話2月10日 – 2月15日「”春は出会いの季節”」
20話2月17日 – 2月22日「”もういちど家族に”」
21話2月24日 – 2月29日「”スペシャル・サニーデイ”」
22話3月2日 – 3月7日「”いとおしい時間”」
23話3月9日 – 3月14日「”揺るぎない強さ”」
24話3月16日 – 3月21日「”小さな希望を集めて”」
25話3月23日 – 3月28日「”炎は消えない”」

スカーレット「第1話」

 滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)。土と炎に向き合う女の物語。昭和22年、9歳の喜美子(川島夕空)は、父の常治(北村一輝)、母のマツ(富田靖子)、二人の妹と共に大阪からやってきた。何かと世話を焼いてくれる信楽の人々のおかげで、貧しいながらも楽しい生活が始まる。焼き物の町・信楽で、喜美子は信楽焼に出会う。だが今の喜美子は学校へ通い、妹たちの面倒を見て、家事を手伝うことで精いっぱい。ある日、父が草間宗一郎(佐藤隆太)という青年を連れてくる。草間は満州からの引き揚げ者で、生きる気力を失っていたが、喜美子たちとの交流で少しずつ元気を取り戻す。喜美子はそんな草間から、失礼な態度を忠告されたり、絵の才能をほめられたりしながら、人として大切なことを学んで成長する。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第2話」

信楽で初めての冬を迎えた喜美子(川島夕空)。父・常治(北村一輝)を探して借金取りがやってくるも、間一髪で、川原家を訪ねてきた草間宗一郎(佐藤隆太)の柔道に助けられる。それがきっかけで、喜美子は同級生たちと一緒に草間から柔道を習うことに。5年後、喜美子(戸田恵梨香)は中学卒業を控えていた。常治が見つけた仕事先は、遠い大阪。卒業式の後、別れを惜しむ照子(大島優子)が、喜美子に柔道勝負をもちかける。喜美子と照子と信作(林遣都)。幼なじみの3人は泣き笑いの最後の時間を過ごす。その夜、喜美子は常治に「ずっと信楽にいたい!」と涙ながらに訴えるも、願いはかなわない。旅立ちを前に喜美子は、夕日が美しい丘で、焼き物のカケラを見つける。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第3話」

中学を卒業後、大阪で働くことになった喜美子(戸田恵梨香)。勤め先は下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)が営む、荒木荘という下宿屋。喜美子はそこで個性豊かな住人たちと出会う。新聞記者の庵堂ちや子(水野美紀)、医学生の酒田圭介(溝端淳平)、元公務員の変わり者・田中雄太郎(木本武宏)だ。新米女中として、元女中の大久保(三林京子)に厳しく鍛えられて1か月。喜美子がもらったお給料はたったの千円だった。ある日喜美子は、ちや子に連れられ、さだの「下着ショー」を見に行くことに。道中、ちや子が働く新聞社に立ち寄った喜美子は、荒れた社内を見かねて手際よく片づける。そんな喜美子の仕事ぶりを見たちや子の上司(辻本茂雄)から、給料5倍で引き抜きの打診が!

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第4話」

喜美子(戸田恵梨香)が荒木荘の新米女中として働きだして1か月。少ない給料に気落ちする喜美子に、ちや子(水野美紀)の新聞社から給料5倍で引き抜きの誘いが。喜美子の心は大きく揺れるが、大久保(三林京子)に認められたいと思いとどまる。一方、信楽では喜美子の実家に泥棒が入るという事件が。困った常治(北村一輝)が、喜美子の給料を前借りしようと荒木荘にやってくる。常治を前に、大久保は初めて喜美子をほめ、ストッキングの修復は内職だったとその場で内職代を支払ってくれる。2年半後、喜美子は女中仕事全般を任されるまでに。ある時、下宿人の医学生・圭介(溝端淳平)はあき子(佐津川愛美)という女性に一目ぼれ。喜美子は自分の思いに気づかず、圭介の恋に協力を申し出る。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第5話」

喜美子(戸田恵梨香)の協力が実って、圭介(溝端淳平)の片思い相手・あき子(佐津川愛美)が荒木荘にやってくる。ちや子(水野美紀)に指摘され、喜美子は圭介への恋心に気づくが、思いは伝えられぬまま。喜美子に嫉妬したあき子に促された圭介は、荒木荘を去ることに。こうして喜美子の初恋は終わりを告げる。その後、喜美子は芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会で、草間宗一郎(佐藤隆太)と再会。生き別れた草間の妻が見つかったと聞き喜ぶ喜美子。しかし、妻は別の男性と一緒に、近くの商店街で食堂を営んでいるという。喜美子は、妻に会うことをちゅうちょする草間を説得し、2人で食堂へ。妻と再会しても普通の客を装う草間。喜美子も黙って見守る。やがて妻が妊娠していることがわかり、草間は離婚届をテーブルに置き、何も言わずに店を出るのだった。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第6話」

常治(北村一輝)から、マツ(富田靖子)が倒れたといううそで信楽に呼び戻された喜美子(戸田恵梨香)。これからは信楽に戻って働くよう命ぜられる。常治の仕事がうまくいかず、マツの薬代が払えないほどにひっ迫した家計状況や、家事負担がかかる直子(桜庭ななみ)らのつらさを知った喜美子は、美術学校への進学を諦めて帰郷する決意をする。さだ(羽野晶紀)らに事情を話すため大阪に戻った喜美子は、大久保(三林京子)から女中としての仕事ぶりを認められつつ、涙ながらに荒木荘を送り出される。すれ違いで直接別れを伝えられなかったちや子(水野美紀)には惜別の手紙を残す。信楽に帰った喜美子は、照子(大島優子)の実家の丸熊陶業で働くことに。そこで目にした絵付け火鉢に、興味をひかれる。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第7話」

深野心仙(イッセー尾形)に火鉢の絵付けを学びたい喜美子(戸田恵梨香)。しかし修業には何年もかかるうえ、修業中は無給と聞き、諦めることに。そんな折、ちや子(水野美紀)が信楽に現れる。雑誌記者として活躍するちや子の話を聞くうち、 喜美子は絵付けへの思いがあふれ、大泣きしてしまう。マツ(富田靖子)が別の陶業会社で学べるよう段取りし、常治(北村一輝)に話すが、認められない。しかし喜美子は、日本画家だった深野が、従軍画家を経て、平和の象徴のような絵付け火鉢に出会ったという話を聞き、ますます深野心仙に学びたいと熱望。他で学ぶことは考えられなくなる。一方、飲み屋で偶然同席した深野から「弟子入りを志願する女の子が来たが長続きしない」と言われた常治は思わず反論。翌日、喜美子が絵付けを学ぶことを許し、とうとう喜美子は深野の9番目の弟子となった。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第8話」

喜美子(戸田恵梨香)が深野心仙(イッセー尾形)の弟子になって3年。中学生になった百合子(福田麻由子)ら家族の助けもあって、喜美子は火鉢の絵付け技術の習得に明け暮れている。就職が決まった直子(桜庭ななみ)は念願の東京へ。心配でたまらない常治(北村一輝)は東京まで付き添うのだった。初めて火鉢のデザインを許された喜美子は、多くの人に愛されるような図柄を懸命に考案。事業拡大をもくろむ照子(大島優子)の夫・敏春(本田大輔)は、喜美子のデザインを採用。喜美子を信楽初の女性絵付け師として取り上げるよう、新聞社に取材を依頼し、喜美子は「マスコットガール・ミッコ-」という虚像を演じさせられた。新設された商品開発室にやってきた美術大学出の青年・十代田八郎(松下洸平)は、記事のことでなぜか喜美子に腹を立てている。家宝だった深野の日本画を戦時中、闇市に売ってしまったと涙ながらに告白した八郎は、尊敬する深野のことに一切触れない記事が許せなかったのだ。そんな八郎の話を聞いた喜美子は、八郎のために絵を描き始める。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第9話」

八郎(松下洸平)が昔、闇市で売ってしまった深野心仙(イッセー尾形)の日本画を喜美子(戸田恵梨香)は想像で再現。その絵を八郎に手渡したことをきっかけに、2人の距離は少しずつ近づいていく。そんな中、丸熊陶業の社長が急死。照子(大島優子)の夫が若社長となり、深野は信楽を去ることに。常治(北村一輝)とマツ(富田靖子)は、深野が一から絵付けを学び直しに行くという長崎に、喜美子もついて行ってしまうのではないかと心配するが、喜美子は一人丸熊陶業に残ることを決心する。そして迎えた火祭りの夜。喜美子は、八郎や深野らと一緒に大きなたいまつを担いで歩き、八郎と並んで神社にお参りをする。秋になり、喜美子がデザインした絵付け火鉢が完成。八郎に見せに行こうと商品開発室を訪ねた喜美子は、一心に陶芸をしている八郎の姿を目にする。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第10話」

一人前の火鉢の絵付け師となった喜美子(戸田恵梨香)は、陶芸に取り組む八郎(松下洸平)の姿を目にし、心をひかれる。川原家では東京の直子(桜庭ななみ)からの「モウアカン」という電報に大騒ぎ。喜美子が助けを求めた草間(佐藤隆太)が、直子を連れ帰ってくる。直子はかなわぬ恋に疲れていたのだ。喜美子は、男女が毎日一緒にいることにためらう八郎を押し切り、陶芸を教えてもらうことに。二人の距離は徐々に縮まっていく。そんなある日、喜美子の信楽焼のカケラを見に八郎が家までやってきた。カケラの話で盛り上がった2人だったが、八郎は信作(林遣都)が企画したお見合い大作戦に参加するため、早々に帰ってしまう。喜美子はたまらずあとを追いかけ「好きや!」と告白。八郎に抱きしめられる喜美子。しかしその目線の先には、常治(北村一輝)と信作と百合子(福田麻由子)が…。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第11話」

八郎(松下洸平)に思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。しかし抱きよせられたところを常治(北村一輝)と信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が目撃。激怒した常治は八郎を殴って喜美子を連れ帰る。信作の手引きで八郎の家を訪ねた喜美子。二人は将来へ思いを一つにする。しかし常治は八郎の挨拶を拒み続け、マツ(富田靖子)と百合子は心配を募らせる。ある日、商品開発室にやってきた照子(大島優子)が急に産気づき、喜美子と八郎は付きそうことに。喜美子を家まで送った八郎は、ついに常治への挨拶が許される。常治はマツに苦労ばかりかけてきた自分の人生を引き合いに出し、八郎には陶芸家になる夢を諦め、堅実に生きてほしいと頭を下げる。しかし喜美子は猛反発。常治の願いを一度は承諾した八郎も、撤回して二人で夢を見させてほしいと懇願する。マツの働きかけもあり、常治は、八郎が陶芸展で賞を取ることを条件に、二人の結婚を許すのだった。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第12話」

陶芸展での入賞を条件に、常治(北村一輝)から結婚を許された喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)。八郎は陶芸展に出す作品と、大野夫妻(マギー、財前直見)が開店するカフェのコーヒー茶わん作りに追われている。すると喜美子がコーヒー茶わん作りを手伝いたいと泣きながら訴え、集中力を発揮して作り上げ、八郎を驚かせる。やがて八郎がめでたく受賞し、そのお祝いと喜美子との結婚祝いが行われた夜、常治はようやく心から八郎を受け入れる。迎えた結婚写真撮影当日。八郎の姉と、東京から直子(桜庭ななみ)も帰ってくる。準備に追われるさなか、橘ひろ恵(紺野まひる)からコーヒー茶わんの注文が。婚礼衣装のまま駆けつけた喜美子と八郎。しかし注文量の多さに断念せざるを得ず、早く力をつけようと誓う喜美子だった。昭和40年夏。川原家の敷地には喜美子と八郎の作業場が完成し、2人の間には男の子・武志が生まれ、すでに4歳になっている。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第13話」

昭和40年夏。喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の間には4歳の武志がいる。八郎は作品づくりにいそしみ、喜美子は食器作りで家計を支えている。常治(北村一輝)の体調が悪く、もう長くないと知った喜美子は、家族で支えようと誓う。常治を励ますため、家族で愛を込めた絵や文字を絵付けした大皿を作った。皿に盛られたのは、大野(マギー)が戦地での約束を果たすために一家で作ったマツタケごはん。常治はみなに囲まれ、安らかな最期を迎える。直子(桜庭ななみ)が帰宅したのはその年の冬。「帰ってくるな」という常治との約束を守ったのだと言う。ある日、武志が熱を出し、ジョージ富士川(西川貴教)の実演会に行けなかった喜美子のために、照子(大島優子)と八郎は、ジョージを連れ帰り、特別実演会を開く。ジョージに触発された八郎の作品は金賞を受賞。父を亡くしてからずっと泣くのをこらえていた喜美子も、自分の作品づくりに向きあう中で、ようやく涙を流すことができ、初めての作品を完成させた。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第14話」

喜美子(戸田恵梨香)が初めての作品を作ってから3年。喜美子は八郎(松下洸平)を支えることに専念しているが、八郎は金賞受賞作品を超える作品を生み出すことができず、行き詰まりを感じていた。そんな折、深野心仙(イッセー尾形)の元で共に絵付けをした兄弟子の池ノ内(夙川アトム)と磯貝(三谷昌登)が弟子入り志望の三津(黒島結菜)という若い女性を連れて来た。八郎は難色を示すが、美大出身で明るい性格の三津が八郎のよい刺激になると考えた喜美子は、三津を弟子にするよう後押しして、受け入れることに。早速、三津は新しい材料を取り入れることを提案するが、信楽の土にこだわる八郎はそれを拒否する。喜美子も「前に作った物を壊してでも前に進もう」と説得するが、八郎は「喜美子と僕は違う人間や」と反発。ついには三津に「好きやけど喜美子が横におられるとしんどい」と告白するのだった。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第15話」

作品作りに悩む八郎(松下洸平)に、喜美子(戸田恵梨香)は個展をやめるよう進言するが、八郎は承知しない。自分が稼ごうと久しぶりに大量注文を受けた喜美子は、物作りへの情熱を取り戻す。そして、三津(黒島結菜)のことばから、八郎を追い詰めたのが自分であることを知るとともに、三津の八郎への憧れを感じとる。一方、結婚を決めた信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)は川原家にあいさつに行くタイミングを画策している。そんな中、大阪にいる直子(桜庭ななみ)が交際相手の鮫島(正門良規)との間に子どもを授かったと突然帰ってくる。妊娠はお金を用立ててもらうためのうそだと見抜いたマツ(富田靖子)は激怒するが、喜美子と百合子が笑い飛ばしたことで、家族は直子を許し、久しぶりに水入らずの時間を過ごす。そんな折、喜美子の次世代展落選を知らせる電話がかかってくる。喜美子と八郎は再び、夫婦ノートにこれからのことを書く約束をする。そして八郎が個展の下見に東京に出かけた間、喜美子は新しい作品作りを始める。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第16話」

八郎(松下洸平)が不在の間、作陶に精を出す喜美子(戸田恵梨香)。ある晩、照子(大島優子)と信作(林遣都)と3人で語り合った喜美子は信楽焼のカケラを初めて2人に見せる。そのことが喜美子の作陶への意欲をさらにかきたてる。一方、信作は百合子(福田麻由子)にきちんと結婚を申し込む。戻ってきた八郎は、ジョージ富士川(西川貴教)と一緒だった。富士川は以前見たカケラをもう一度見たいと言う。窯業研究所の柴田(中村育二)と富士川の話から、カケラの色は釉薬(ゆうやく)をかけずにまきで焼いただけの自然の産物だということが分かる。カケラの色を再現したい思いに駆られる喜美子。まきで焼く穴窯を作った人を探すと、喜美子が子どもの頃に出会った慶乃川(村上ショージ)にたどり着く。亡き慶乃川のおいの話によると、穴窯には莫大なまき代がかかるという。諦めかけた喜美子の背中を押したのは八郎だった。半年がかりで穴窯が完成。いよいよ火を入れるが、なかなか目標温度に到達しない。不安になった喜美子が八郎に相談しようと工房に行くと、八郎と三津(黒島結菜)が寄り添って眠っていた。目覚めた三津は八郎に顔を近づけ…。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第17話」

喜美子(戸田恵梨香)は、眠りながら寄り添う八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)を見て動揺するが、ひとり穴窯と向き合い、目標温度を達成する。ひと安心した朝、鮫島(正門良規)がやってきて、電話で直子(桜庭ななみ)に公開プロポーズする。一方、三津は、八郎への思いを隠し川原家を去る。その翌日、取り出した穴窯の作品は焼きが足らず失敗。さらに2回目も失敗してしまう。多額のまき代がかかる穴窯での作品作りを続けるため、武志の貯金まで使おうとする喜美子。八郎は反対するも喜美子は聞く耳を持たず、八郎はついに武志を連れて家を出る。聞きつけた照子(大島優子)が怒り心頭で説得するが、喜美子は穴窯を成功させることしか頭にない。度重なる失敗に絶望した喜美子は、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)の勧めで大阪のちや子(水野美紀)を訪ねる。そこには、歌手として成功した雄太郎(木本武宏)、大久保(三林京子)、さえずりのマスター(オール阪神)の姿が。大阪時代を支えてくれた人たちとの再会が喜美子を励まし、信楽に戻った喜美子はもう一度、穴窯に挑戦する決意を固める。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第18話」

八郎(松下洸平)との別居が続く喜美子(戸田恵梨香)は、借金をしてまで穴窯を続けている。工夫しながら何度も窯だきするうち、試作品に少しずつ色がつき始める。マツ(富田靖子)からの手紙を受け取った草間(佐藤隆太)が信楽へ。草間との再会で喜美子の決意は一層強くなる。百合子(福田麻由子)とようやく結婚写真を撮影した信作(林遣都)から、喜美子がこれまでにないほど長い期間、窯をたくと聞いた八郎は心配して猛反対する。しかし、喜美子は押し切り、家族総出で7回目の窯だきを始める。そしてついに理想の色の焼き物が。陶芸家・川原喜美子の誕生だ。7年後、喜美子は陶芸家としての名声を手に入れていた。高校2年生になった息子の武志(伊藤健太郎)は陶芸に興味があるものの、成功と引き換えに大事な人を失った喜美子の人生を目の当たりにし、進路に悩んでいた。そんな武志の背中を押したのは5年前に喜美子と離婚した父・八郎だった。そして武志は無事、八郎の母校である京都の美術大学に合格する。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第19話」

京都の美大に合格した武志(伊藤健太郎)を送り出した後、喜美子は毎月欠かさず養育費を送ってくれた八郎(松下洸平)にお礼の電話をするが、留守番電話だった。母娘4人がそろったある夜、マツ(富田靖子)は縁側で“幸せな死に方”について語る。そして数か月後、マツは自身が望んだ通りの穏やかな死を迎える。マツが亡くなり3年半。武志の卒業を間近に八郎が信楽を訪れ、喜美子と十数年ぶりに会う。あらたまった雰囲気で武志のことを話し合ったふたり。互いにお礼を伝え、八郎は去る。信楽に戻った武志は、大学の恩師を追いかけて窯業研究所に入ると報告。穴窯を継ぐことはできないと謝る武志は自立のため1人暮らしを始める。またひとりになった喜美子の前に、喜美子の作品のファンだという女性・小池アンリ(烏丸せつこ)が現れる。 元女優で天真らんまんな雰囲気のアンリ。指で触れて作品の“音楽”を聴くというアンリのユニークな鑑賞方法に喜美子は驚く。そしてふたりの間には次第に友情めいたものが芽生える。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第20話」

喜美子(戸田恵梨香)はアンリ(烏丸せつこ)とワインを飲み明かし、酔った勢いで一緒に暮らすことに。喜美子は酔った自分が八郎(松下洸平)の名を呼びながら泣いていたと聞き驚く。照子(大島優子)がすき焼きをしようと肉を持ってやってくる。さらに誘われた信作(林遣都)が八郎を連れて現れる。喜美子と八郎の間には微妙な空気が漂うが、アンリのこれまでの人生の話に皆引き込まれていく。武志(伊藤健太郎)は両親が共に食事をしたと聞き大喜び。喜美子は武志の気持ちを察してやれなかったことを詫びる。再び川原家にやってきた八郎に武志は陶芸のこと、離婚のことを矢継ぎ早に質問する。そして喜美子は、武志や周りに気を遣わせないためにもわだかまりを捨て、新しい関係を築こうと八郎に提案する。後日、アンリに頼まれていた花瓶が完成。パリ行きを誘われていた喜美子は信楽に残り陶芸を続けることを選ぶ。アンリは「人を思うことで自分の人生も豊かになる」ということばを残し笑顔で去って行った。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第21話」

カフェSUNNYでは、福引きの賞品で大野(マギー)と陽子(財前直見)が孫二人を連れて有馬温泉に出かけようとしている。信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が店番をしていると敏春(本田大輔)が来店。三人で話すうち、「信作と13人の女」の話題に。二人の微妙な雰囲気をとりなそうと敏春が照子(大島優子)の愚痴を言っているところへ彼女が来店。怒る照子を信作が、落ち込む敏春を百合子がなだめ、 夫婦は仲直りする。次に来店したのは、百合子の中学時代の同級生・近藤彬(中山義紘)。百合子が高校進学の際、喜美子(戸田恵梨香)が頑張ってくれたことなどを楽しそうに話す二人。近藤が昔、百合子のことを好きだったと知った信作は、みなが帰ったあと百合子にからんでしまい、百合子は店を飛び出す。そこへお母さん合唱団が来店。その後も客が途切れず、信作はひとりてんてこまい。戻った百合子は合唱団の録音テープに録音されていた信作の奮闘ぶりを聞き、素直に謝る。久しぶりに夫婦の会話をした信作と百合子は疲れてカウンターで眠ってしまう。帰宅した大野夫妻と娘たちは、そんな二人をほほえましく見守る…。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第22話」

喜美子(戸田恵梨香)が八郎(松下洸平)に「新しい関係を築こう」と言ってから数か月が過ぎ、時折、武志(伊藤健太郎)と3人で食卓を囲むように。穏やかな日々を過ごす喜美子は信作(林遣都)からの頼みで観光客向けの陶芸体験教室を開く。参加者からうれしい手紙をもらった喜美子は、誰もが陶芸に親しむことができる陶芸教室を開くことにする。一方、武志は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦し、作品を完成させる。体調不良が続く武志は近くの病院で血液検査をした結果、県立病院を紹介される。県立病院を訪れた喜美子と武志は、風変わりな担当医師・大崎(稲垣吾郎)と出会い、武志は精密検査を受ける。後日、喜美子は大崎から武志が慢性骨髄性白血病で、余命は3年から5年と告げられる。ひとり悩みながらもいつもどおりに振る舞おうとする喜美子。しかし、照子(大島優子)の前では秘めていた悲しみがあふれ出し、大泣きしてしまう。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第23話」

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)に病名を告知するかどうかで悩んでいた。決意を固めてアパートを訪ねると、思いがけず石井真奈(松田るか)という若い女性が一緒だった。3人で楽しくたこ焼きを食べたあと、喜美子と2人になった武志は両親の離婚の理由を理解できたと打ち明ける。武志の成長をうれしく思う喜美子だったが意を決して武志に病名と余命を知らせる。感づいていたという武志に喜美子は絶対に死なせないと断言。武志は入院して治療することに。一方で八郎(松下洸平)を含めた他の人に、知られたくないと訴える。 大崎(稲垣吾郎)に相談し、患者の心に寄り添おうとするその姿勢に力を得た喜美子は、武志の了承を得てはいなかったが、直子(桜庭ななみ)と百合子(福田麻由子)、そして八郎(松下洸平)に病気のことをすべて話し、協力を頼む。さっそく喜美子と八郎はドナーになれるかどうかの検査を受けるが2人とも型が合わず。入院中の武志は八郎から贈られたジョージ富士川(西川貴教)の絵本に勇気づけられ、みなに打ち明け、病気と闘う決意をする。そして喜美子と八郎は武志が絵本に書き込んだことばから、いつもと変わらない日を過ごしたいという武志の願いを知る。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第24話」

武志(伊藤健太郎)のために検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)だが、ドナーにはなれず。武志の友達や真奈(松田るか)、百合子(福田麻由子)から話を聞いたちや子(水野美紀)も協力を申し出るが適合者はいない。ちや子から感謝の気持ちは作品に込めたらよいと言われた喜美子は、お世話になった人たちへのお礼の作品作りを始める。 武志は病気を理由に真奈と会うことを避けているが真奈は納得しない。真奈が忘れていった傘に雨粒が落ちるさまを見た武志は、作品デザインのアイデアを得る。 そんな折、武志と同じ病室の智也(久保田直樹)が亡くなった。武志に告げるべきか悩む喜美子のもとへ、さだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)が訪ねてくる。大きな病院の小児科部長になった圭介は医学の進歩について話し、喜美子と八郎を励ます。智也の死を知っても気丈にふるまう武志を友達や大阪から駆けつけた直子(桜庭ななみ)らが元気づける。穴窯から出した喜美子の作品を見た武志は、作品作りへの意欲をかき立てられ、ついに水の波紋を写し出したような大皿を完成させる。

引用:NHK『スカーレット』

スカーレット「第25話(最終話)」

武志(伊藤健太郎)の作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。しかし同じ病気で亡くなった智也(久保田直樹)からの手紙を読み、初めて心情を吐露する武志に、つらさを思いやる。喜美子は武志の作品がチリンと音を立てていることに気づく。それは作品に新たなヒビ模様が生まれる音。喜美子は作品が生きていることを武志に伝える。信作(林遣都)が発案した「みんなの陶芸展」に出品すると決めた喜美子。武志も出品したいと願い出る。作品作りに没頭する武志を見守る真奈(松田るか)。そんな武志との日々を、喜美子は八郎(松下洸平)と共にいとおしくかみしめる。「みんなの陶芸展」には草間(佐藤隆太)、ちや子(水野美紀)、ジョージ富士川(西川貴教)が訪れる。ジョージ富士川のひらめきで「今日が私の一日なら」を寄せ書きすることに。武志は「いつもと変わらない一日は特別な一日」と書き込む。後日、みなで訪れた琵琶湖。その雄大な景色が武志を励ます。そして桜の季節、武志と2人で作陶していた喜美子は武志を抱きしめ、2人は今ある幸せをかみしめる。2年後、武志は作品を残し、旅立つ。工房を訪れた大崎(稲垣吾郎)と大皿を作りながら、武志を思う喜美子。八郎は軽い磁器づくりを学ぶため、長崎に行くことを決意。喜美子は穴窯の炎と向き合い続けるのだった。

引用:NHK『スカーレット』

『スカーレット』の気になる作品情報まとめ

続いて、『スカーレット』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『スカーレット』の主題歌「フレア」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『スカーレット』の基本情報

『スカーレット』は「」からNHKの8:00~で放送されたテレビドラマです。

スカーレット スカーレット
脚本 水橋 文美江
プロデューサー 長谷知記、葛西勇也
演出 中島由貴、佐藤譲、鈴木航、野田雄介
放送局 NHK系

『スカーレット』の登場人物・キャスト情報

川原喜美子(役:戸田恵梨香)

主人公「川原喜美子」を演じたのは、女優の「戸田恵梨香(とだえりか)」さんです。作中で演じた川原喜美子は、川原家の長女。男性が多い窯元の世界で独自の作風を信楽焼に取り入れようと奮闘する。中学卒業後は厳しい家計を助けるため大阪の下宿屋「荒木荘」の女中に就職。しかし2年半後に実家の窮状を知り、荒木荘に別れを告げ信楽に戻り、丸熊陶業の社員食堂で働く中、絵付けの仕事に興味を持つ。丸熊陶業の絵付係に就いている深野心仙に弟子入りし、考案した火鉢の絵柄のデザインが敏春に見出されて採用されたことを機に、信楽初の女性絵付け師「ミッコー」として6月30日付の『滋賀毎報新聞』で記事に取り上げられる。

戸田恵梨香

1988年8月17日生まれ。兵庫県出身。小学生の頃から芸能活動を開始し、中学卒業までは関西の芸能事務所に所属していたが、現事務所フラームにスカウトされ中学卒業を機に上京。その後、多数のテレビドラマ、映画、CMに出演している。

十代田八郎(役:松下洸平)

主人公の旦那役「十代田八郎」を演じたのは、俳優の「松下洸平(まつしたこうへい)」さんです。作中で演じた十代田八郎は、喜美子が「丸熊陶業」で知り合う陶工。「交際相手以外の女性は下の名前で呼ばない」「男女交際は結婚前提以外はしない」など真面目な性格。価値観を同じ喜美子に惹かれ合い、やがて交際を始める。将来は陶芸家を本職にすることを目指しているために常治から喜美子との結婚に反対されるが、展覧会で受賞することを条件に認めてもらう。喜美子と結婚した年に新人賞を受賞してからは賞に恵まれずにいたが、ジョージ富士川の実演会を見たことなどから着想を得て、陶芸展で金賞を受賞する。

松下洸平

1987年3月6日生まれ。東京都出身。テレビドラマ『もう誘拐なんてしない』で初出演、『もう一度君に、プロポーズ』で連続ドラマ初レギュラー出演を果たすなど、テレビドラマ・映画・CMなどの映像作品にも進出している。

川原武志(役:伊藤健太郎)

主人公の息子役「川原武志」を演じたのは、俳優の「伊藤健太郎(いとうけんたろう)」さんです。作中で演じた川原武志は、喜美子と八郎の長男。父親の八郎の母校でもある「京都市立美術工芸大学」に進学し、陶磁器専攻科を卒業。卒業した昭和58年の春に信楽に戻り、「信楽窯業研究所」研究科に1年通って恩師の掛井から釉薬をさらに学び、ある日の研修室でテストピースの亜鉛結晶釉に出会って惹かれて研究を開始し、デザイン化に成功。それを「次世代展」に応募する。

伊藤健太郎

1997年6月30日生まれ。東京都出身。ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』にて健太郎として役者デビュー。『俺物語!!』、『トランジットガールズ』などに出演。 苗字をつけることを以前から考えていたところ、2018年6月30日に21歳の誕生日を迎えたことや『今日から俺は!!』での役名が伊藤だったことから、芸名を本名の伊藤 健太郎(いとう けんたろう)にすることを発表した。

大野信作(役:林遣都)

主人公の幼なじみ役「大野信作」を演じたのは、俳優の「林遣都(はやしけんと)」さんです。作中で演じた大野信作は、喜美子と同い年で幼なじみ。幼少期は病弱で気弱な少年だった。離れて住む祖母からは甘やかされて育ってきた。あまり表に出て目立つ性格ではなく、大人しい。

林遣都

1990年12月6日生まれ。滋賀県出身。映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品での演技が評価され日本アカデミー賞受賞。

そのほかのキャスト情報

  • 川原常治
    役:北村一輝
  • 大野陽子
    役:財前直見
  • 川原マツ
    役:富田靖子
  • 大野忠信
    役:マギー
  • 川原直子
    役:桜庭ななみ
  • 熊谷照子
    役:大島優子
  • 川原百合子
    役:福田麻由子
  • 熊谷秀男
    役:阪田マサノブ

『スカーレット』の主題歌は「Superfly」の「フレア」

『スカーレット』の主題歌は、Superflyの「フレア」です。

「フレア」は、タイトルバック映像には作品テーマの「陶芸」ならびにメインポスターに登場する「つぼ」と「クレイ(粘土)」との親和性の本編の世界観と繋がり、本編ストーリーの縮図であることの2点を意識しつつ「フレア」の歌詞・リズムとの連動も重視して制作された。

『スカーレット』のロケ地はどこ?

『スカーレット』は滋賀県で撮影されています。

喜美子が大阪に行く前に信楽の夕日を目に焼き付けに行った場所:

住所:滋賀県湖南市

丸熊陶業は、宗陶苑

https://twitter.com/710Sakurai/status/1217601907381817346

住所:滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13

『スカーレット』の視聴率は?

『スカーレット』の視聴率は以下の通りです。

第1話 19.8%
第2話 20.2%
第3話 19.7%
第4話 18.9%
第5話 19.1%
第6話 20.2%
第7話 20%
第8話 19.4%
第9話 19.5%
第10話 18.7%
第11話 19.1%
第12話 19.8%
第13話 19.2%
第14話 18.2%
第15話 18.6%
第16話 19.3%
第17話 19.1%
第18話 19.8%
第19話 19.1%
第20話 19.6%
第21話 19.0%
第22話 19.3%
第23話 19.5%
第24話 19.1%
第25話(最終話) 20.3%

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『スカーレット』は全話で20%前後の視聴率を出しているので、ヒット作だと言えるでしょう。

『スカーレット』に続編はある?

『スカーレット』の続編は、今のところ未定です!

また公開され次第、更新していきますね!

『スカーレット』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『スカーレット』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『スカーレット』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

戸田さんの演技力

松下さんの台詞の言い方が秀逸

スカーレット名物おむすび

https://twitter.com/dorraming/status/1219803410980954113

https://twitter.com/710Sakurai/status/1217601907381817346

まとめ

『スカーレット』は動画サイト「U-NEXT」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年10月20日時点のものです。

U-NEXT」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV