国内ドラマ

【完全無料】ドラマ「マッスルガール!」全動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『マッスルガール!』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、「TSUTAYA TV」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、TSUTAYA TV以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

この記事では、実際にTSUTAYA TVで「マッスルガール!」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの動画配信サービスを探すなら下記の記事をご覧ください。

絶対後悔しない!おすすめの動画配信(VOD)サービスを選ぶ方法を徹底解説!!

『マッスルガール!』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『マッスルガール!』は「TSUTAYA TV」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「TSUTAYA TV」の特徴と、『マッスルガール!』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「TSUTAYA TV」で視聴する

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV」を利用すれば、『マッスルガール!』を全話無料で見ることができます。

TSUTAYA TVは、有名な「TSUTAYA」が運営している動画配信サービスです。

1万本以上のドラマやアニメが配信されており、気になる動画を見放題で楽しむことができます。

TSUTAYA TVは通常「933円」の料金がかかりますが、初回30日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

さらに、TSUTAYA TVに無料登録した人は、合わせて動画レンタルサービスも無料で使えます。

旧作の映画ならば、8枚まで無料で借りれるのでかなりお得です。ぜひ「マッスルガール!」の視聴と合わせて、他の作品もチェックしてみてください。

月額料金 月額933円(税抜)
無料お試し期間 30日間
コンテンツ数 約10,000件
支払い方法 クレジットカードのみ
デバイス登録数 5台
動画のダウンロード 無料体験期間は不可
その他の国内ドラマ ・SPEC
・JIN-仁-
・ダメな私に恋してください
その他多数
公式サイト https://www.discas.net/
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「TSUTAYA TV」を利用するのが一番おすすめです。

『マッスルガール!』をTSUTAYA-TVで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「TSUTAYA TV」で「マッスルガール!」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

手順1.「TSUTAYA TV」に登録してドラマを視聴する

まずは「TSUTAYA TV」の公式サイトにアクセスして、30日間無料体験の登録を行います。

フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。

入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、「TSUTAYA-TVのアプリ」をダウンロードして、検索画面から視聴したいドラマを検索します。

検索画面で「マッスルガール!」と検索をかければ、すぐにドラマを視聴することが可能です。

登録日から30日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■30日間での解約忘れに注意!

TSUTAYA-TV登録から30日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「TSUTAYA-TV」を30日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、メニューボタンから『サービス停止申請』→『解約』の順でクリックするだけです。

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

TSUTAYA-TV登録前の疑問点を解決!

Q1.TSUTAYA-TVは本当にすぐ解約できる?

はい。メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.TSUTAYA-TVを家族全員で使うことはできる?

はい。TSUTAYA-TVは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、TSUTAYA-TVは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『マッスルガール!』1話から10話(最終話)までのあらすじ

『マッスルガール!』は、病死した父親に代わって、弱小女子プロレス団体「白鳥プロレス」の社長となった白鳥梓は、団体を存続させるために奮闘するが、経営難で解散の危機に陥ってしまう。そんな中、試合当日にレフェリーの吉田が辞表を残して失踪してしまう。困った梓は牛丼店で吉田と間違えて声をかけた韓国人青年、ユ・ジホに頼んで、即席レフェリーを務めさせる。だがキム・チゲと名乗ったジホが韓国の人気スターだということを、この時の梓は知らなかった。一度は「白鳥プロレス」の解散を決めた梓だったが、家族同然でもある所属レスラーたちのために、「白鳥プロレス」を存続させることを宣言。ライバルのプロレス団体「青薔薇軍」の社長・郷原に1000万円の借金を返済するために、3ヵ月後に開催される「全日本マッスルガール杯(カップ)」で優勝することを誓います。

<女だって闘いたいんだ!勝ちたいんだ!ドラマ「マッスルガール!」は、そんな「女子プロレス」の世界を描く、青春スポーツコメディ。資金もなく、客の入りも悪い弱小プロレス団体の立て直しに奮闘する若き女性社長が、ひょんなことから出会った韓国人スターや、個性豊かな女性選手たちとともに、強豪ライバル団体との闘いに挑む。迫力あるバトルシーンは、女子プロレスの二団体アイスリボンとJWPとがタッグを組んで強力バックアップ、リアルな面白さをお楽しみ頂く。主演は、ドラマの出演が続き、進境著しい市川由衣。弱小女子プロレス団体の社長という意外な役柄に体当たりで挑戦する。共演は、韓国発の人気バンド「FTISLAND(エフティーアイランド)」のボーカリスト、イ・ホンギで、韓国では多数のドラマ出演をしているイケメン俳優が、日本ドラマに初出演!「FTISLAND」は番組の主題歌も担当。2011年、更なる躍進を遂げること必至の彼らが、新ナンバーでドラマを盛り上げる。>

引用:TBS・MBS

ここからはそんな『マッスルガール!』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

マッスルガール!「第1話」

 白鳥梓(市川由衣)は、小さな女子プロレス団体「白鳥プロレス」のオーナー社長の一人娘。その父が病死し、所属選手の魚沼まい(亜耶バネッサ)、向日葵(赤井沙希)、星薫(志田光)、須藤つかさ(山本ひかる)と四十九日を営んでいる最中、敵対するプロレス団体「青薔薇軍」の選手が経営者・郷原光司(水上剣星)と共に道場に現れた。郷原はプロレスをビジネスと割り切り、かつて白鳥プロレスから独立したのだが、赤字続きでポンコツ選手ばかりの弱小団体を、リングごと取り上げるつもりだったのだ。憤る梓たちは青薔薇軍と乱闘になる。 団体を存続させねばと願う梓だが、実態は借金だらけ。最後の興業と決意した試合の当日に、専属レフェリーの吉田にまで逃げられてしまう。 その日、日韓合作の超大作映画に出演するために来日したユ・ジホ(イ・ホンギ)は、一人街を歩いていた。韓国の有名スターであるジホは、母、イ・スンジャ(黒田福美)に女手ひとつで育てられたのだが、彼女は、東京にいるかもしれないという手がかりを残し失踪していた。忙しい毎日を強いる事務所社長・黒金信浩(桑野信義)のもとから逃げ出し、母の足跡を追うジホと出会った梓は、姿格好の似た吉田と彼を見間違えたあげく、「即席レフェリー」になることをお願いするのだが。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第2話」

即席のレフェリーをつとめ、白鳥プロレスのみんなからも、「キム」と慕われたユ・ジホ(イ・ホンギ)が姿を消す。気がかりな梓(市川由衣)ら。所属事務所のオフィス黒金でも、出演映画のクランクインに間に合わせようと、社長の黒金信浩(桑野信義)と部下がジホの行方を追っている。三ヶ月後に控えた「全日本マッスルガール杯」で優勝し、借金を返そうと練習に余念のない白鳥プロレス。相変わらず、正式なレフェリー不在だが、代わりの人間がなかなか見つからない。そこには敵対するプロレス団体「青薔薇軍」の経営者・郷原光司(水上剣星)の思惑が動いていた。そんな中、高校生レスラーの須藤つかさ(山本ひかる)は、土手に座り、川を眺めているジホを見かける。いろいろあって15の時に家を飛び出して入門したというつかさは、梓の父に誘われプロレスを始めたのだった。話を聞いたジホは、母、イ・スンジャ(黒田福美)との韓国での生活を思い出す。ジホは、自分が忙しさにかまけたせいで、母は逃げ出してしまったと考えていた。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第3話」

白鳥プロレスの道場。リングでレフェリーの練習をしているジホ(イ・ホンギ)を見つめている梓(市川由衣)は、女子レスラーたちに「恋しちゃった?」とからかわれる。梓は白鳥プロレスの三禁(酒・タバコ・男)を彼女たちに説く。梓がジホを見つめていたのは、読んでいた新聞に載っている韓国人スターの顔が、目の前にいるジホに似ていたからだった。ジホは韓国で何をしていたか、それとなく訊いてみる梓だったが…。一方、白鳥の柱であるのまい(亜耶バネッサ)のところに、寺本(斉藤陽一郎)というファンの男がやってくる。ところかまわず、まいの写真をとる寺本に、恋心を募らせる彼女だったが、「マッスル杯」をひかえた梓は、「恋愛中止」を宣告する。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第4話」

チケットの売り上げも上向き、明るい兆しの見え始めた白鳥プロレス。梓(市川由衣)は、ジホ(イ・ホンギ)の母親探しのために、「尋ね人」のチラシを作成し、レスラーたちにも協力をお願いしていた。そんな中、ジホ奪回のために、事務所社長・黒金信浩(桑野信義)は、青薔薇軍の郷原(水上剣星)とスカル(こいけけいこ)を訪ね、策略をめぐらしていた。その青薔薇軍のもとに現れたのが、向日葵(赤井沙希)。リングではヒール役で、「ビッグデビル」として登場する彼女は、なぜか自分の所属する白鳥プロレスを憎んでいた。向日葵は白鳥を潰そうと動きはじめ、こともあろうに、青薔薇軍の一員になってしまう。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第5話」

ヒール役の向日葵(赤井沙希)が抜け、白鳥プロレスの観客が激減する。向日葵は父・洋平(越中詩郎)が一番気にかけてかわいがっていた選手だけに、梓(市川由衣)は落胆を隠せない。新たなヒール探しもうまくいかず、残されたレスラーたちもちぐはぐな練習を続けている。そんな様子を見て、青薔薇軍の経営者・郷原(水上剣星)はほくそ笑んでいた。「このままじゃ、白鳥プロレスもバラバラになってしまいます」。心配したジホ(イ・ホンギ)は、青薔薇軍でのデビュー戦に挑む向日葵のもとを訪れるが。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第6話」

社長の梓(市川由衣)から、明後日の興業が、自分をメインにしたバースデーマッチであると告げられたつかさ(山本ひかる)。15歳で家を出てから頑張ってきたつかさは、自分はまだまだ弱いと不安になるが、ジホ(イ・ホンギ)らに背中を押されてやる気になる。そこに現れたのがつかさの母・トキコ(大島蓉子)。派手な服装をしたトキコはお酒にタバコ、離婚してからはスナックに来る男をとっかえひっかえで、そんな母親をつかさは恥じていた。つかさは白鳥プロレスに入り浸るトキコを追い出そうとするが、そんなつかさを、行方不明の母親を探しているジホは優しくいさめる。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第7話」

行方不明の母を見つけ、いっしょに韓国に帰る日を心待ちにしているジホ(イ・ホンギ)。ジホの気持ちを知った梓(市川由衣)は、寂しいような、複雑な気持ちだった。一方、逃げ出したジホ奪還のため、青薔薇軍に近づいていた黒金信浩(桑野信義)は、ジホが白鳥プロレスにいると聞き、単身取り戻しに向かう。それを撃退する白鳥プロレスのレスラーたち。そんな中、梓たちが母親探しのためにまいていたチラシを見た人から、ジホの母・イ・スンジャ(黒田福美)を見かけたという報せが入る。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第8話」

「韓国スター・シウォン来日!」の雑誌記事をみつけ、同じ芸能界に身を置いていたジホ(イ・ホンギ)は会いに行く。ジホとシウォン(オ・ウォンビン)は母親同士が親友であったため、ジホは母のイ・スンジャ(黒田福美)の消息を訊ねるが、シウォンは言葉をにごす。その最中、飛び込んできた黒金信浩(桑野信義)は、嫌がるジホを車に乗せ、連れ去ってしまった。ジホが監禁されている場所を知ったシウォンは、梓(市川由衣)ら、白鳥プロレスに助けを求めに走る。一方、偶然スンジャと出会っていた梓は、彼女から予期せぬ事実を知らされ…。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第9話」

梓(市川由衣)に伴われて、ようやく母・スンジャ(黒田福美)との再会を果たしたジホ(イ・ホンギ)だったが、スンジャは手術を要する重い病をわずらっていた。母の身を案じ、落ち込むジホ。そんな中、白鳥プロレスの将来のかかった「マッスルガール杯」が迫っていた。青薔薇軍の郷原(水上剣星)に借金の形に取られているスンジャのネックレスを取り戻そうと、いきまく白鳥プロレスのレスラーだったが、出場を予定していたリーダーのまい(亜耶バネッサ)が、スカル(こいけけいこ)に襲われてしまう。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

マッスルガール!「第10話(最終話)」

賞金1000万円とネックレスのかかった「マッスルガール杯」が始まった。怪我をしたまい(亜耶バネッサ)を心配する梓(市川由衣)。仲間の声援を受け、必死に戦うまいだったが、青薔薇軍の強敵・スカル(こいけけいこ)が立ちふさがる。一方、病室では、ジホ(イ・ホンギ)の母・スンジャ(黒田福美)が意識不明の重態だった。大切な仲間の試合が気がかりなジホだったが。赤字続きで借金まみれだった白鳥プロレス。亡き父の跡を継ぎ、梓は白鳥プロレスを立ち直らせることが出来るのか?そして、韓国人スターの立場を捨て、母といっしょに韓国に帰ることを夢見ていたジホの想いはかなうのか…。

引用:TBS・MBS『マッスルガール!』

『マッスルガール!』の気になる作品情報まとめ

続いて、『マッスルガール!』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『マッスルガール!』の主題歌「ハルカ」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『マッスルガール!』の基本情報

『マッスルガール!』は「2011年4月19日(火)」からTBS・MBSの24:55~で放送されたテレビドラマです。

毎日放送(MBS)制作で2011年4月からTBS系列で放送されていたテレビドラマ。キャッチコピーは、「イケメン MEETS 女子プロレス」。

マッスルガール! マッスルガール!
脚本 村上桃子、山岡潤平
プロデューサー 甲斐直樹、妻鹿勇人、高橋史典、関川友理
演出 水村秀雄、本多繁勝、深迫康之
監督 村上桃子、山岡潤平
放送局 TBS・MBS系

『マッスルガール!』の登場人物・キャスト情報

白鳥梓(役:市川由衣)

亡き父親の跡を継ぎ、女子プロレス団体「白鳥プロレス」社長となり、団体再建のために奔走します。

市川由衣

1986年2月10日生まれ、東京都出身。1999年3月28日に、ナムコが主催するスタアオーディションの第3回超ビッグオーディションにてグランプリを獲得しました。2010年、『桂ちづる診察日録』(NHK)で連続ドラマ初主演。代表作品は『クロサギ』、『ラスト♡シンデレラ』です。

ユ・ジホ(役:イ・ホンギ)

韓国の人気スター。日本での芸能活動開始の記者会見当日に「オフィス黒金」の事務所を抜け出して、スンジャの行方を捜し始めるが、牛丼店で梓に吉田と間違えて声をかけられ、「白鳥プロレス」の即席レフェリーとなります。

イ・ホンギ

1990年3月2日生まれ、大韓民国・京畿道城南市出身。FTISLANDのボーカル担当。2010年5月に『FTISLAND』として日本メジャーデビュー。2011年4月からテレビドラマ『マッスルガール!』に出演し、日本でも俳優デビュー。2019年9月30日、強制兵役を開始し、FTISLAND最初に兵役に入りました。

そのほかのキャスト情報

  • 須藤つかさ
    役:山本ひかる
  • 向日葵
    役:赤井沙希
  • 星薫
    役:志田光
  • 魚沼まい
    役:亜耶バネッサ
  • 白鳥洋平
    役:越中詩郎
  • 郷原光司
    役:水上剣星
  • スカル杏子
    役:こいけけいこ

『マッスルガール!』の主題歌は「FTISLAND」の「ハルカ」

『マッスルガール!』の主題歌は、FTISLANDの「ハルカ」です。

「ハルカ」は、彼等らしいPOPでメロディアスなロックナンバーになっています。

『マッスルガール!』のロケ地はどこ?

『マッスルガール!』のロケ地は公開されていません。

『マッスルガール!』の視聴率は?

『マッスルガール!』の視聴率は以下の通りです。

第1話 %
第2話 %
第3話 %
第4話 %
第5話 %
第6話 %
第7話 %
第8話 %
第9話 %
第10話(最終話) %

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『マッスルガール!』の視聴率は公開されていません。

『マッスルガール!』に続編はある?

『マッスルガール!』の続編は、2021/6/30現在情報はありません。

『マッスルガール!』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『マッスルガール!』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『マッスルガール!』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

あっという間に見終わる

 

イ・ホンギの日本語上手!

まとめ

『マッスルガール!』は動画サイト「TSUTAYA TV」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

TSUTAYA TV」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV