国内ドラマ

【完全無料】ドラマ「孤独のグルメ Season5」全動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『孤独のグルメ Season5』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、「U-NEXT」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、U-NEXT以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

この記事では、実際にU-NEXTで「孤独のグルメ Season5」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

『孤独のグルメ Season5』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『孤独のグルメ Season5』は「U-NEXT」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\30日間無料/

\14日間無料/

\30日間無料/

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「U-NEXT」の特徴と、『孤独のグルメ Season5』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「U-NEXT」で視聴する

U-NEXT

U-NEXT」を利用すれば、『孤独のグルメ Season5』を全話無料で見ることができます。

U-NEXTは14万本以上のドラマや映画、さらに70冊以上の雑誌を、好きなだけ見ることができる動画サイトです。

配信されているコンテンツ数は動画サイトの中でもトップクラスに多く、「マンガの無料配信など」も行なっているのが特徴的です。

通常は「月額1,990円」の料金がかかりますが、登録後31日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料

U-NEXTならば、『孤独のグルメ Season5』を全話無料で視聴できるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

月額料金 月額1,990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
コンテンツ数 14万本以上※雑誌も70冊以上あり
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイル支払い
・Amazonで払う
・AppleID
デバイス登録数 4台まで可能
動画のダウンロード 可能
その他の国内ドラマ ・私が恋愛できない理由
・下町ロケット
・今日から俺は
その他多数
公式サイト https://video.unext.jp/
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「U-NEXT」を利用するのが一番おすすめです。

『孤独のグルメ Season5』をU-NEXTで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「U-NEXT」で「孤独のグルメ Season5」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

手順1.「U-NEXT」に登録してドラマを視聴する

まずは「U-NEXT」の公式サイトにアクセスして、31日間無料体験の登録を行います。

フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。

U-NEXTの登録方法

入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、検索画面で「孤独のグルメ Season5」と検索をかけたら、すぐにドラマを視聴することができます。

U-NEXTで麒麟がくるを視聴する

登録日から31日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■31日間での解約忘れに注意!

U-NEXT登録から31日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「U-NEXT」を31日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、メニューボタンから『設定・サポート』→『解約はこちら』の順でクリックするだけです。

U-NEXTの解約方法

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

U-NEXT登録前の疑問点を解決!

Q1.U-NEXTは本当にすぐ解約できる?

はい。メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.U-NEXTを家族全員で使うことはできる?

はい。U-NEXTは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、U-NEXTは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『孤独のグルメ Season5』1話から12話(最終話)までのあらすじ

『孤独のグルメ Season5』は、個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎。出先で見つけたお店で孤高に食事することをモットーとしています。食事をする上で食に対する信念を持っていて、それに沿って食事をする様子をお届けするドラマとなっています。

<時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、「自由」になる。誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の「癒やし」といえるのである。>

引用:テレビ東京

ここからはそんな『孤独のグルメ Season5』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

孤独のグルメ Season5「第1話」

 南武線稲田堤駅から出ると、雨だった。五郎は地図を見ながら歩く。小太り、ではなくかなり太った女性(頼経明子)に突進されそうになりちょい焦るが、無事クライアントのふとん店の佐古田(寺田濃)のところに到着。佐古田は娘の嫁入り道具をヨーロッパ製で揃えたいという。美しいお嬢さんがお茶を出してくれた。思わず「素敵なお嬢さんじゃないですか」というと、彼女はただのバイトさんで、うちの娘はコレ、と娘の小波の写真を見せられたら、なんとあのおデブちゃんだった。とんだドッキリに逃げるようにふとん店を後にした五郎。その後腹がすいて店を探すが、途中でまた小波に出会う。倒れた子供を助けたりして、なんともいい娘だった。引き続き店を探していると、「炭火焼肉 寿苑」の看板が目に入る。入り口はなんとも豪快に、扉が外されていた。オモニ(西尾まり)に勧められるまま席に座る五郎。ガーリックハラミとタン塩、ライスとウーロン茶、キムチを頼む。オモニはスーパー銭湯の話が止まらない。それを聞き流しつつ、肉を待つ。やがて次々に出される肉を焼き、堪能する五郎。その後サムギョプサルと上カルビを追加する。かなりの量だがあまりの旨さにご飯と共にかき込む。なぜか塩辛まで出してくれたが、これがまた旨い。最後は常連さんが持ってきてくれた梨まで頂き、五郎は大満足して店を後にしたのだった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第2話」

清澄白河駅から出てくると、井之頭五郎(松重豊)は大きなため息をついた。このところ仕事のドタキャンが続いている。ハンカチを忘れ、みやげ屋に入る。手ぬぐいを一つ取ると、福だるまの絵。「このだるま、きっと、持ってくる…」その後、今日の仕事先の深川江戸資料館で田島(佐戸井けん太)と会う。仕事はスイスイと決まった。やっぱりだるまが持ってきたのかも、などと思っていると、腹が減った。 深川江戸資料館通り商店街を歩いていると、「居酒屋だるま」の暖簾が目に止まった。中に入ると、常連のようなたくさんの客の熱気に一瞬圧倒される五郎。店員のスーさん(浅野温子)に案内されるままコの字型のカウンター席に座る。とにかく短冊(メニュー)が多い。かなり迷いつつも、ポパイベーコン、サンマクンセイ刺と煮込み、ご飯に味噌汁、ウーロン茶を頼む。その間も次々に客がやってくると、ちょっとずつ席を詰めて行き、店は満杯だ。その時向かいの客に「グラタン」と出てきたものは、なぜか見慣れた「チン」だった。店でも評判のポパイベーコンらを堪能する傍、洋食から鍋まで何でもある店のメニューの無軌道さに驚きつつ、五郎もそれに乗って、オニオンロールパンを追加する。なぜがきゅうりが添えてあったが、ときに煮込みにつけたりしておいしく頂いた。だるまのおかげで良い一日に変わった五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第3話」

中央線西荻窪の駅を出てくる井之頭五郎(松重豊)。先輩(角田信郎)に呼ばれたのだ。飲み屋が並ぶ路地を歩いていて、昔よくこの辺りに呼び出されたことをふと思い出していると、なんと目の前で先輩が昼間から飲んでいた。「どうだお前も一杯」と飲めないのを分かっているのに勧める先輩とそこを後にし、ペルシャ絨毯屋に向かうと婚約者の幸子(甲斐まり恵)を紹介されるが、幸子は傍に先輩を連れて行き、「なんで二人が暮らす家のことを他人に意見聞こうとするのよ」と小言を言っている。五郎は空気を読み、一声かけてそそくさとその場を去った。妙な気を使って腹が減った五郎は店を探す。飲み屋街を抜けて線路脇の道を歩いていくと、赤い国旗があるお店が。引き寄せられるようにいくと、「tam tamu」というモロッコ料理の店だった。「独自の食文化・・ヘルシーかつ食欲をそそる料理・・いいじゃないか」と入る。見慣れない料理名に戸惑いながらも、ハリラスープのハーフサイズと、卵のブリックとラム肉のハンバーグ、野菜のクスクスを頼む。飲み物はミントティーを頼むと、店主の女性(伊藤かずえ)に砂糖を入れることを勧められ試すことに。店員は店長一人。店内は狭めなものの予約客が次々にやってきて心配する五郎だが、入れ替わり立ち代り二人の姉妹がやってきて店を手伝う姿を見て安心する。続々料理がやってくる。ブリックにレモンをかけナイフで真ん中を割ると中からジワーッと卵の黄身が流れ出し、勧められるまま手で頬張る。野菜のクスクスは途中ハリッサを混ぜて食べてみると後から刺激がやってきてなんとも言えない。すべて堪能、満足して帰路につく五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第4話」

その日、得意客の山村(竜雷太)に商談で呼ばれたが、なぜか山村が明日からの初台湾出張のことを知っていた。友人の滝山が漏らしたのだった。ついでに宜蘭の三星郷という町で働きながら農業生産学の勉強をしている孫の貴子(大久保麻梨子)に届け物をお願いされる。初台湾。ちょっとわくわくしつつ独りバスに乗り羅東駅でタクシーに乗り継ぎ「青葱文化館」へ。葱餡餅を食べながら待っていると、やがて貴子が現れた。心のこもった微妙なプレゼント(手作り楊枝入れ)を無事渡すと、急に腹が減った。今夜の宿舎のある礁渓温泉への帰り道、羅東に寄ると、店を探す。「海鮮熱炒100元」と書いてある看板が目に入った。入り口横のメニューに「三星葱」という文字、店の中に家族客…ここに決めた。大衆食堂のようなその店の丸テーブルに一人座るが、テーブルのどこを探してもメニューがない。言葉は分からないが店長(揚雲玉)のジェスチャーに導かれ、店先のボードに書かれているメニューを見る。文字の意味が良くわからないが何とか「三星葱の肉炒め」「赤糟排骨」「炒飯」を頼む五郎。その後海鮮を頼んでいないことに気づき、蛤のスープとイカを追加。かなりの量を頼んでしまったことを心配した店長とお客の女性二人(NUENUEとRIA(ウェザーガールズ))が裏で相談し、配慮で少し小さ目のお皿でさりげなく出してくれた。そんなことには気づかず、五郎は初台湾の味を噛みしめる。全て食べつくして満足するのだった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第5話」

礁渓温泉のホテルを出た井之頭五郎(松重豊)は、アランから頼まれた、フランスで行われるアジア物産イベントの台湾工芸品リサーチのため、国立伝統芸術文化センターへ向かった。そこは、昔の台湾の街並みが広がっていた。筆や茶器を見た後、何やら赤い小さなものが串刺しになっているお菓子が売っているのを見つけ、一本買ってかぶりついてみる。なんとトマトが飴でコーティングされていた。うまかった。喉が渇いた五郎が茶館でお茶を飲んでいると、リュックを背負った男性・劉真一(水間ロン)が話しかけてきた。台湾雑貨のバイヤーをやっているのだという。五郎は真一に迪化街を勧められ、行ってみることにした。迪化街は歴史を感じる問屋街だった。「漢方の匂い・・異国情緒・・」カラスミ屋の前を通った途端、お腹が空いてきて、店を探すことに。店員に勧められるまま、永楽市場広場の「永楽小乞」に入る。隣の席のメニューを参考にしながら、「鶏肉飯」と「おかず盛り合わせ」を頼む。いわば台湾ぶっかけご飯と野菜、煮玉子などの美味しさに感動する五郎だが…。まだ食える。店の手前が屋台のようになっている「原味肉飯魯肉飯」という店に入ってみる。「乾麺」と勇気を出して「下水湯」を頼んでみるが、両方とも優しく美味だった。「これで、うまいスイーツがあれば・・・」ショーケースのある「古早味豆花」という店を見つける。豆腐スイーツの店だった。店員が何を言っているかわからないものの適当に頷き、「豆花」のトッピングが完了。出てきたものを店内のテーブルに運ぶと、斜め向かいの席で中年男性・伍郎(ウィンストン・チャオ)が同じようなスイーツを食べている。甘すぎず冷たくて美味しかった。伍郎が先に食べ終わり席を立った時に目があった。笑顔で何か言われたが意味がよくわからず、豆花を食べ続ける五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第6話」

「今日の仕事は決まればでかそうだし、なんか今日はいいことありそうな気がする…」明るく大岡山駅から出てくる井之頭五郎(松重豊)。KYアフェリエイトプロダクツは、ここ大岡山支店も六本木に移転するため、五郎にインテリア全てのコーディネートを頼みたいという。かなり儲かっているらしい。しかし五郎がイメージやコンセプトを聞いても、代表取締役の八代圭祐(堀部圭亮)は、一千万くらいかけてやってくれればどうでもいいというだけだ。適当にやってくれればいい、というだけの八代にムッときた五郎は、美味しい仕事を断ってしまう。こういう時は美味しいモンを食いたいだけ食うに限る。店を探す五郎の目に「漁師料理」の文字が飛び込んでくる。美味い魚でご飯パクパク味噌汁ズルズル…いいじゃないか。店に入るとカウンター席に通された。大将(片桐竜次)がカツオ一匹を出してきて、五郎の目の前でテキパキとさばき始めると期待度が急上昇。迷った末に、周囲の客が次々に頼んでいく九絵定食を頼んだ。客の注文がどんどん入り大将は大忙し。それを嘆くと奥さんのみゆき(鷲尾真知子)に「忙しいのは有難いこと〜」とハッパをかけられる。  やがてみゆきが定食を運んできた。刺身はかんぱち、ひらめ、サーモン、マグロ。煮付けはマグロのカマ。添えられた大根は味を変えてあるという。さらにサラダ、味噌汁とご飯でわしわし食べる。思わず「旨い」と声に出してしまう。ご飯のお代わりを、と思った時に、「なめろう冷茶漬け」を頼む声。興味を持った五郎も頼んでみる。ご飯にかつおのなめろうをのせて、冷たい味噌汁をじゃぶじゃぶかけて食べる。これがまた旨かった。大きな仕事を蹴ったモヤモヤがすっかり吹っ飛んだ五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第7話」

井之頭五郎は最近忙しい。忙しいのは有難いもののちょっと疲れを感じていた。「なんかパワー系なもの、入れたいなあ…」そんなことを思いながら、知り合いの妹、ヨガインストラクター・斎藤玲(浅見れいな)のいる文化教室へ。今度初めて持つ自分のヨガスタジオの内装を五郎に頼みたいという。嬉しそうな玲を祝福する五郎だった。帰り際、疲れが取れるポーズを教えられた。帰り道でひっそりやってみると、腹が減った。住宅街を歩いていてジンギスカンの看板を見つける。三角形に近い建物は二方向に入り口がある。「なんか凄いつくりだな…」店に入り、店長(川野直輝)に案内されカウンター席に座ると、そこには独りでジンギスカンをしている常連たちがいた。常連の吉田(ミッキー・カーチス)の前に「羊のペコリーノチーズ」なるものが登場。吉田は「これ以上、ワインに合うツマミはないね」と、ワイン片手にジンギスカン鍋でそれを焼いている。五郎はおすすめAセットとせせり、ライスの並、ウーロン茶を頼む。ロースと玉ねぎはタレ、ランプはクミン塩で食べるよう店長に勧められてやってみると、とにかく旨い。止まらなくなった五郎は、ラムチョップと旨口くちロースタレ、羊の薬膳スープ、それにご飯のお替りも頼んでしまう。ラムチョップをいつまでもしゃぶり尽くし、大満足。疲れを忘れた五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第8話」

今日は友人の滝山から紹介された客、内田さんのところに納品に行く。井之頭五郎(松重豊)が「base works」という看板の店に入っていくと、内山さんの妻(横山めぐみ)が待っていた。お茶を出してくれるのだが、なんだか雰囲気が違う。目がうるんでいるというか…。居づらくなった五郎がそそくさと帰ろうとすると、玄関先でピンクの封筒を渡された。ラブレター!?ドキッとする五郎。店から離れたところで封を開けてみるが…内容は滝山からの仕事の依頼だった。子供のような悪戯に頭に血が上りつつも、指定の尾崎畳店へ。尾崎(石井愃一)は外国製の自転車を探していた。意外と値が張る。「これで話がまとまったら滝山の手柄になるわけだが…」悶々としていたが、やがて藺草の匂いで気持ちが清々してくる。細い路地を歩いていたら腹がすいた。店を探し始めると、全体赤系の外観の店が目に留まった。入り口の看板に「ブータン料理」とある。イメージが全くわかないまま、その「ガテモタブン」という店に入りメニューを見る。「ブータン料理は世界一トウガラシを使う料理」という文字。メニュー名はカタカナでちんぷんかんぷんだが、日本語の説明がある。しかし五郎が呼んだメニューの説明書き全てにトウガラシが入っていて驚愕。悩んだ結果、ブータンの王道と思われる、ホゲ、モモ、エマダツィとごはん、そしてツェリンマ茶を選んだ。モモ(ブータン式蒸し餃子)にエヅェ(トウガラシを玉葱で炒めたもの)を乗せて食べる。噛むほどに肉汁が出て美味しい。その後もホゲ(チーズたっぷりの生野菜)のピリピリ感、エマダツィ(トウガラシとチーズ)とごはん(白米と赤米のミックス)で辛さのマシンガンパンチをもろに受けて、上機嫌になる五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第9話」

「・・・漁港の匂い・・・空気・・・声・・・活気・・・」 千葉の大原漁港で哀愁に浸る井之頭五郎(松重豊)。販売所で伊勢海老が隣の食堂で食べられると勧められそそられるが、まずは仕事と断念し大原駅に戻り、冷凍みかんを買っていすみ鉄道に乗り込んだ。今回五郎は、移住者お試し用住居の内装トータルコーディネートをお願いされていた。市職員の山崎(塚地武雅)に国吉駅で迎えられ、ログハウスのような古民家へ。地元育ちに完全に見えた山崎だが、実は移住組だという。生まれも育ちも東京は渋谷、未だに都会っぽさが抜けない、と自分で言うのだが…「でも、ほんと移ってきて良かったですよ。凄く体調がよくなったし、何といっても食べ物が旨い!」その言葉に突如お腹がすいてくる五郎。急ぎ仕事をすませると大原駅に戻り、海鮮が食べられる店を探すがなかなか見つからない。その時ふと「いすみ産豚肉」という看板が目に入る。社長が店番をしていた。ショーケースに『いすみ産 豚こま』のPOP。「・・・いすみ豚・・・でも今の俺にはアウトオブ眼中だ・・・」そんなことを思うが、隣にある『大衆食堂』の暖簾が目に入った。海鮮はなさそうなものの、空腹が限界に達していた五郎は意を決してその店に入る。年配の男性店員がしている長めの金のネックレスが気になりつつ、ブタ肉塩焼ライスの上とイカとメンチのミックスフライを頼む。もはやステーキと言ってもいいその厚さと旨さに感動する五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第10話」

師走の忙しい時に五郎は腰を痛めてしまい、何と3日も入院している。仕事が頭から離れずベッドで手帳を広げていると、夕食を運んできた看護師(須藤温子)に止められた。三度の食事だけが楽しみな五郎だが、病院食はやっぱり味が薄くパンチがない。心で文句を言いながらも完食すると、様子を見に来た医師(北村有起哉)が突然「井之頭さんは餃子お好きですか?」と、美味しい餃子の食べ方(酢、胡椒とラー油)をとうとうと話し出す。深夜、餃子が頭から離れず眠れない五郎が廊下を歩いていると、入院している若い男(碓井将大)が携帯で「塩辛」の差し入れを頼んでいた。「塩辛」を連呼するその男の声を聴いていてさらに悶々とするのだった。  寝不足のまま翌日退院した五郎。快復のお礼もかねて亀戸天満宮にお詣りしようとした途端、突然腹が減った。「やんちゃなメシをがつがつ食いたい気分…」そんな時ラーメンの暖簾が見え、思わず入り、カウンターに座る。まずは餃子を頼む。その後店の壁に貼られたメニューを確認していて「純レバ丼」という文字を見つけた五郎。なんだこれは?と頭をひねっていると、若いカップルが入ってきて2人して純レバ丼を頼んだ。五郎もすかさず乗っかって注文してみる。やがて昨夜夢にまで見た餃子がやって来た。酢と胡椒、ラー油で食べて満足。間もなく刻んだ長ネギの山の皿がやって来たと思ったら、なんとそれが純レバ丼だった。カップルが自撮り棒でネギの山の純レバ丼と写真を撮っているのを横目で睨みつつも、やんちゃな純レバ丼を堪能する五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第11話」

井之頭五郎(松重豊)が東武伊勢崎線のせんげん台駅を降りてくると、「かすかべ湯元温泉」の看板が目に入る。ここは温泉街なのか?と思うも周囲を見渡しても温泉らしき建物はない。走っている自転車が多いなあと思いながら、住宅街を歩いていく五郎。3階建てというヒントで、普通の住宅に見える洋食店に間違って入りそうになったりと少々迷いながらも、本日のクライアントのカラオケスナックへたどり着いた。「ここ、温泉街じゃないから」ママ(YOU)が五郎の心を見透かしたように言い当て、ドキッとする。その後もいちいち五郎のことを言い当てるので気味悪くなってきた。しかし五郎が商品リストを見せると、一番のお薦めを「この三つ目でしょ?」と指したがそれは間違えだった。やっぱり単なる感だとほっとする五郎。カラオケ店を出るとお腹がすいた五郎は、先ほど見つけた洋食屋の看板文字「シチュー」を思い出した。素通りしそうなおとなしすぎる外観だが、何とか見つけて「厨Sawa」という店に入ると、そこは「美味しそう」という歓喜の声が舞っていた。五郎はどれも美味しそうなメニューに迷うが、周囲が食べているものも確認し、カキのムニエル、アメリカンソースのオムライス、ブルスケッタにお酢のドリンクの水割りを注文する。やがてお酢のドリンク、ブルスケッタがやって来て堪能していると、周囲のお客たちにもビーフシチュー、トマトシチュー、ドリアなど、どれも美味しそうなものが続々登場。クリームシチューにはなんと醤油を一垂らしすると美味しいとお店のお母さん(重田千穂子)と息子さん(前野朋哉)に勧められ、試した客が美味しいと唸った。そんな時カキのムニエルが運ばれてきた。「この香り!ヤバすぎるっしょ・・・」焦がしバターのソースの香りがどうにも堪らない。レモンを絞りカキを食べつくすと、パンを注文し、ソースに付けてきれいに食べる。その後、アメリカンソースのオムライスが登場。「海のない埼玉で、よもやこんなに美味しいシーフードランチが出来るとは・・・」五郎はご飯を食べ終わると、またもパンをソースに付けて食べ、あまりの美味しさにお皿をピッカピカにしてしまった。周囲がデザートを頼んでいるのに載せられ五郎も自家製ババロアまで頼み完食。ひっそりとした佇まいの店に隠された美味しさに、たまげた五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

孤独のグルメ Season5「第12話(最終話)」

西巣鴨の駅近くの不動産屋さんに来た井之頭五郎(松重豊)。クライアント森田さんの依頼で、貸店舗の内見に来たのだ。自分が借りるのでもないのになぜかエントリーシートに記入させられていると、それを覗いた不動産屋さんの社長(土屋伸之)が「いのあたまさん」と読んだ。五郎が訂正しようとすると、男性社員(塙宣之)が「いのずさんですよ」それをまた訂正しようとした途端、女性社員がすかさず「いのとうさんですよ」という。名前の読みを間違えられたことのない五郎は、微妙な気分になる。無事内見を終え商店街を歩いていた五郎は、無性に腹が減った。不動産屋さんに鍵を返しに行くと、「すきやきしゃぶしゃぶ」の看板を見つけ、心を決めて入る。するとそこにはカウンターがUの字形の不思議な空間が広がっていた。若女将(富田靖子)に渡されたメニューの中から、五郎は思い切って「上州すきやき定食」を選ぶ。やがて定食のセットが運ばれてきた。周囲を見回すとすきやきを食べている客がいない中独りもうもうと湯気を上げ、霜降り肉をしゃぶしゃぶする五郎。定食には、豚肉まで入った味噌汁、ご飯、漬物があり、それぞれ美味しく頂く。卵を追加して鍋の中の牛肉や野菜たちを堪能、最後は牛肉のせ贅沢卵がけご飯にして全て食べ、さらにうどんを入れ卵でとじて食べ尽くした。食後のアイスコーヒーまで飲んで大満足、一人忘年会を終えた五郎だった。

引用:テレビ東京『孤独のグルメ Season5』

『孤独のグルメ Season5』の気になる作品情報まとめ

続いて、『孤独のグルメ Season5』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『孤独のグルメ Season5』の主題歌についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『孤独のグルメ Season5』の基本情報

『孤独のグルメ Season5』は「2015年10月3日(土)」からテレビ東京の0:12~で放送されたテレビドラマです。

第4・5話では五郎がシリーズで初めて海外(台湾)に出張し、同じくシリーズ初となる前後編として異国の地で食事をする。4・5話では後述する台湾版ドラマで「伍郎(ウーラン)」を演じたウィンストン・チャオ(趙文瑄)も出演し、両国の主役が同じ店の飯を食う「夢の共宴」となりました。

孤独のグルメ Season5 孤独のグルメ Season5
脚本 田口佳宏、児玉頼子
プロデューサー 川村庄子、吉見健士、菊池武博
演出 溝口憲司、井川尊史
監督 溝口憲司、井川尊史
原作 「孤独のグルメ」作・久住昌之 / 画・谷口ジロー
放送局 テレビ東京系

『孤独のグルメ Season5』の登場人物・キャスト情報

井之頭五郎(役:松重豊)

輸入雑貨の貿易商を個人で営んでいます。孤高で自由な生き方をモットーとしています。自分なりの食事に対する信念をいくつも持っており、これに則って食事を楽しんでいます。

松重豊

1963年1月19日生まれ、福岡県出身。かつては東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオに参加していました。最初に孤独のグルメに主演のオファーを受けた際は「単なるオッサンが食べてるだけで、別に何か物語があるわけでもないし、事件が起こるわけでもない」「視聴者がつくかどうかわからない」との思いから「僕の中でも、プロフィールの汚点になるだろう」と思っていた。と話しています。

そのほかのキャスト情報

  • 佐古田
    役:寺田農
  • スーさん
    役:浅野温子
  • 幸子
    役:甲斐まり恵
  • 山崎
    役:塚地武雅
  • 社長
    役:土屋伸之
  • 社員
    役:塙宣之
  • 医師
    役:北村有起哉
  • 内田・妻
    役:横山めぐみ

『孤独のグルメ Season5』の主題歌は?

『孤独のグルメ Season5』の主題歌はありません。

『孤独のグルメ Season5』のロケ地はどこ?

『孤独のグルメ Season5』は東京都で撮影されています。

深川江戸資料館

住所:〒135-0021 東京都江東区白河1丁目3−28

西荻窪駅

住所:〒167-0053 東京都杉並区西荻南3丁目

『孤独のグルメ Season5』の視聴率は?

『孤独のグルメ Season5』の視聴率は以下の通りです。

第1話 %
第2話 %
第3話 %
第4話 %
第5話 %
第6話 %
第7話 %
第8話 %
第9話 %
第10話 %
第11話 %
第12話(最終話) %

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『孤独のグルメ Season5』は公開されていません。

『孤独のグルメ Season5』に続編はある?

『孤独のグルメ Season5』の続編は、2016年にお正月スペシャルと真夏の東北・宮城出張編、2017年にお正月スペシャル・シーズン6・大晦日スペシャル、2018年にシーズン7・大晦日スペシャル、2019年に大晦日スペシャルとシーズン8、2020年に大晦日スペシャルが放送されました。

『孤独のグルメ Season5』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『孤独のグルメ Season5』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『孤独のグルメ Season5』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

毎回美味しそう・・・

とにかくお腹すくドラマ

飯テロすぎて夜に見ないほうがいいw

https://twitter.com/0c_xfb/status/1277148673550368769

まとめ

『孤独のグルメ Season5』は動画サイト「U-NEXT」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\30日間無料/

\14日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

U-NEXT」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV