国内ドラマ

【完全無料】ドラマ「ヘッドハンター」全動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『ヘッドハンター』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、「TSUTAYA TV」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、TSUTAYA TV以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

この記事では、実際にTSUTAYA TVで「ヘッドハンター」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの動画配信サービスを探すなら下記の記事をご覧ください。

絶対後悔しない!おすすめの動画配信(VOD)サービスを選ぶ方法を徹底解説!!

『ヘッドハンター』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『ヘッドハンター』は「TSUTAYA TV」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\30日間無料/

\14日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「TSUTAYA TV」の特徴と、『ヘッドハンター』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「TSUTAYA TV」で視聴する

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV」を利用すれば、『ヘッドハンター』を全話無料で見ることができます。

TSUTAYA TVは、有名な「TSUTAYA」が運営している動画配信サービスです。

1万本以上のドラマやアニメが配信されており、気になる動画を見放題で楽しむことができます。

TSUTAYA TVは通常「933円」の料金がかかりますが、初回30日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

さらに、TSUTAYA TVに無料登録した人は、合わせて動画レンタルサービスも無料で使えます。

旧作の映画ならば、8枚まで無料で借りれるのでかなりお得です。ぜひ「ヘッドハンター」の視聴と合わせて、他の作品もチェックしてみてください。

月額料金 月額933円(税抜)
無料お試し期間 30日間
コンテンツ数 約10,000件
支払い方法 クレジットカードのみ
デバイス登録数 5台
動画のダウンロード 無料体験期間は不可
その他の国内ドラマ ・SPEC
・JIN-仁-
・ダメな私に恋してください
その他多数
公式サイト https://www.discas.net/
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「TSUTAYA TV」を利用するのが一番おすすめです。

『ヘッドハンター』をTSUTAYA-TVで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「TSUTAYA TV」で「ヘッドハンター」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

手順1.「TSUTAYA TV」に登録してドラマを視聴する

まずは「TSUTAYA TV」の公式サイトにアクセスして、30日間無料体験の登録を行います。

フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。

入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、「TSUTAYA-TVのアプリ」をダウンロードして、検索画面から視聴したいドラマを検索します。

検索画面で「ヘッドハンター」と検索をかければ、すぐにドラマを視聴することが可能です。

登録日から30日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■30日間での解約忘れに注意!

TSUTAYA-TV登録から30日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「TSUTAYA-TV」を30日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、メニューボタンから『サービス停止申請』→『解約』の順でクリックするだけです。

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

TSUTAYA-TV登録前の疑問点を解決!

Q1.TSUTAYA-TVは本当にすぐ解約できる?

はい。メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.TSUTAYA-TVを家族全員で使うことはできる?

はい。TSUTAYA-TVは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、TSUTAYA-TVは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『ヘッドハンター』1話から8話(最終話)までのあらすじ

『ヘッドハンター』は、対象やクライアントに深く入れ込み、時には強引とも取れる方法で企業とその候補者をマッチングさせるヘッドハンターとして働いてきます。

<その男、救世主か。悪魔か。ある者は「転職して救われた」と言い、ある者は「あの男に騙された」と言う―黒澤和樹(江口洋介)は「SAGASU」という黒澤を含め、社員わずか3名の弱小転職斡旋サーチ会社の社長兼ヘッドハンター。対象者やクライアントの心の中に深く入り込み、強引ともいえる手腕で企業と候補者のマッチングを実現させていく、異端のヘッドハンターである。黒澤を支えるのは社員の灰谷哲也(杉本哲太)。黒澤とは腐れ縁で2人の関係には表には見えない因縁が―?さらに、高いPCスキルを持つ若手社員の舘林美憂(徳永えり)。元経済新聞記者で黒澤に力を貸す眞城 昭(平山浩行)。そして、黒澤と対立するのは業界最大手の転職斡旋会社「ブリッジ」に務めるやり手の赤城響子(小池栄子)。“転職”を通して、様々な人々の大きな「転機」に巻き起こる出来事や人間模様を時にスリリングに描く―>

引用:テレビ東京

ここからはそんな『ヘッドハンター』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

ヘッドハンター「第1話」

 ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者をいう。この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?大手家電メーカーのマルヨシ製作所の社長・横河は大勢のマスコミを前に、大幅な構造改革を発表する。その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口は、消極的な経営方針にうんざり顔。その時、彼の脳裏にある言葉がフラッシュバックする。「あなたの値段、知りたいと思いませんか?」…数日前、谷口は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤にそんな言葉ともに転職の誘いを受けた。音響機器のエンジニアとしての手腕が買われての引き抜き話だった。だが過去に3度転職を断った谷口は慎重な態度を崩さない。一体、何が彼の決断を鈍らせているのか?「SAGASU」は黒澤、灰谷哲也(杉本哲太)、舘林美憂(徳永えり)、わずか3名という弱小人材紹介会社。難攻不落の難しい転職案件ばかりを扱っている。黒澤は経歴が謎で、30年の付き合いがある灰谷ですら詳細を知らない。二人の仲も複雑なようだ。 灰谷と美憂は、とあるパーティーの席で、転職斡旋会社最大手「ブリッジ」の赤城響子(小池栄子)に出くわす。業界の信用度向上を目指す彼女は、乱暴な黒澤の仕事ぶりを嫌悪し、あからさまにライバル心を燃やす。家族や先輩への想いから転職を決断できずにいる谷口に、黒澤は「あなたにとって一番大切なものは何か?」と問う。はたして黒澤は谷口のヘッドハントを成功させられるのか?

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第2話」

大手企業・大急グループに吸収合併された「五陽テック」の元社員ながら、今や役員候補にまで登りつめた郷原泰三(高嶋政伸)。しかし、郷原にとって五陽のDNAは今も誇り。内心ではやり方の違う大急に不満もあった。ところが、郷原が唯一心を許す親友の柳井君秋(正名僕蔵)は、黒澤和樹(江口洋介)に転職話を持ち掛けられていた。「新天地で存分に手腕を発揮してみないか?」そんな2人の会話を大急の若手社員が聞いていた…。

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第3話」

総合商社「三網物産」の社員・熊谷瑤子(若村麻由美)は、女性総合職第一号として、これまで数々のヒット事業を手掛け、マスコミにもたびたび取り上げられるなど、ちょっとした有名人だ。そんな瑤子に、黒澤和樹(江口洋介)は転職話を持ち掛ける。従業員3万人規模の企業で、女性初の役員として迎えたいという話だ。瑤子は前向きながら、慣れた様子であしらっているようにも思える態度。実は、黒澤のライバル赤城響子(小池栄子)からも、ヘッドハントの誘いを受けていた。奇しくも同じ人材を奪い合うことになった黒澤と響子…。こうしてそれぞれのやり方で瑤子の獲得合戦が始まった。そんな中、2人に差出人不明の一通のメールが届く。それは瑤子の私生活に関する暴露メールだった。

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第4話」

黒澤和樹(江口洋介)らはある温泉地の老舗旅館「松葉楼」に来ていた。旅館の大旦那・松原善三(伊武雅刀)が倒れ車いす姿に。息子たちと絶縁状態であることから、新たな後継者を探して欲しいという依頼だ。だが芳しくない経営状況を知った黒澤は、ひとり現地に残り、旅館事情の調査に乗り出す。東京に戻った灰谷哲也(杉本哲太)と舘林美憂(徳永えり)は早速条件にあった候補者をあげるが、なぜか善三にOKを出す気配がなく…。

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第5話」

待遇は部長職、年俸200万円アップ…54歳の転職としては厚遇の話に、西郷守男(板尾創路)はなぜか首を縦に振らない。ひとつの会社を勤め上げることに美徳を感じているのに加え、黒澤和樹(江口洋介)のようなヘッドハンターを嫌っていたのだ。だが西郷の妻・早苗(山下容莉枝)が介護疲れで倒れてしまう。要介護の父、疲労困憊の妻…お金が必要な事態に陥り「200万円アップ」という言葉を思い出した西郷は黒澤の事務所を訪ねる。

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第6話」

「タマル精機」人事部・芥川紘一(宅間孝行)の前に現れた元上司の川端敏夫(春海四方)が突然、倒れ意識不明に。妻の妙子は夫が悪質なヘッドハンターに騙され、転職したことを相談するため、芥川の元を訪ねたのではないかという。話を聞いた響子(小池栄子)は、黒澤(江口洋介)に悪徳業者探しの協力を要請。自分にも疑惑の目が向けられていると知った黒澤は協力することに。やがて川端の転職先で奇妙な点が浮上。島崎剛(野間口徹)という男が絡んでいるとがわかり…。

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第7話」

黒澤和樹(江口洋介)は、ゴッドハンドと呼ばれる外科医・磯田清十郎(平田満)を地方都市の大病院にヘッドハントしようと病院を訪れる。人格者で人気者だった磯田だが実は愛弟子の高坂次郎(丸山智己)からパワハラで訴えられていた。そんな男を狙う黒澤の真意は?一方、黒澤の過去を知る灰谷哲也(杉本哲太)は、急な休暇を取り姿を消す――。さらに、響子は高坂をヘッドハントしようと動き出し…選ばれるのは師匠か弟子か?

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

ヘッドハンター「第8話(最終話)」

財務省の国有地払下げ問題が発覚。なぜか関連文書は破棄され、払下げを認可した議員・藤堂誠一(堀部圭亮)に不正献金の疑いが。藤堂は黒澤和樹(江口洋介)が心酔していた元上司だった。藤堂の依頼で黒澤は、記録の改ざんを命ぜられ、悩む財務省の職員・川瀬次雄(山本耕史)を好条件で転職させ、口封じの手助けをすることに。黒澤の裏切り行為に灰谷哲也(杉本哲太)も赤城響子(小池栄子)も激高。サガスが解散する事態に発展し…。

引用:テレビ東京『ヘッドハンター』

『ヘッドハンター』の気になる作品情報まとめ

続いて、『ヘッドハンター』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『ヘッドハンター』の主題歌「Baby don’t cry 〜神様に触れる唇〜」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『ヘッドハンター』の基本情報

『ヘッドハンター』は「2018年4月16日(月)」からテレビ東京の22:00~で放送されたテレビドラマです。

2018年4月16日から6月4日まで毎週月曜22時 – 22時54分にテレビ東京系「ドラマBiz」で放送されたテレビドラマである。主演は江口洋介。

ヘッドハンター ヘッドハンター
脚本 林宏司
プロデューサー 稲田秀樹、高丸雅隆
演出 星護
監督 星護
放送局 テレビ東京系

『ヘッドハンター』の登場人物・キャスト情報

黒澤和樹(役:江口洋介)

サーチ会社である「SAGASU」で社長およびヘッドハンターを務めています。

江口洋介

1967年12月31日生まれ、東京都出身。1987年に東映映画『湘南爆走族』で主人公・江口洋助役に抜擢され、一躍有名となります。代表作品は『愛という名のもとに』、『ひとつ屋根の下』シリーズです。

赤城響子(役:小池栄子)

転職斡旋会社最大手である「ブリッジ」でシニアバイス(最年少)を務める。

小池栄子

1980年11月20日生まれ、東京都出身。最初は保育士志望だったが、イエローキャブ社長の野田義治にスカウトされ、芸能界入りを果たします。代表作品は『GM〜踊れドクター』、『リーガル・ハイ』です。

そのほかのキャスト情報

  • 灰谷哲也
    役:杉本哲太
  • 眞城昭
    役:平山浩行
  • 舘林美憂
    役:徳永えり
  • 及川百合
    役:山賀琴子
  • 武井恭平
    役:岡田龍太郎
  • 黒澤健司
    役:河野洋一郎

『ヘッドハンター』の主題歌は「Beverly」の「Baby don’t cry 〜神様に触れる唇〜」

『ヘッドハンター』の主題歌は、Beverlyの「Baby don’t cry 〜神様に触れる唇〜」です。

「Baby don’t cry 〜神様に触れる唇〜」は、泣きたいくらい愛おしい気持ちを歌詞に落としこんだ楽曲となっています。

『ヘッドハンター』のロケ地はどこ?

『ヘッドハンター』は東京都、千葉県で撮影されています。

芝浦スクエアビル

住所:〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目9−25

幕張国際研修センター

住所:〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野1丁目1

『ヘッドハンター』の視聴率は?

『ヘッドハンター』の視聴率は以下の通りです。

第1話 %
第2話 %
第3話 %
第4話 %
第5話 %
第6話 %
第7話 %
第8話(最終話) %

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『ヘッドハンター』の視聴率は公開されていません。

『ヘッドハンター』に続編はある?

『ヘッドハンター』の続編は、2020/12/23現在情報はありません。

『ヘッドハンター』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『ヘッドハンター』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『ヘッドハンター』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

こういう作品好き

脚本も演出も面白い

続編も見たい!!

まとめ

『ヘッドハンター』は動画サイト「TSUTAYA TV」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\30日間無料/

\14日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2021年1月12日時点のものです。

TSUTAYA TV」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV