国内ドラマ

【完全無料】ドラマ「デスノート」の全動画を無料で視聴する方法|1話から最終話まで

『デスノート』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

実は、U-NEXT」を利用すれば、1話から最終話まで全話無料で見ることができます。

もしくは、U-NEXT以外にも無料配信を行っている動画サービスがあるので、これらのサービスを使えば一切お金をかけずにドラマの視聴が可能です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年10月20日時点のものです。

この記事では、実際にU-NEXTで「デスノート」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

『デスノート』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『デスノート』は「U-NEXT」ならば無料で見ることができます。

また、他にも複数の動画サイトで無料配信を行っているので、別のサービスでドラマを視聴することも可能です。

\この作品を配信中のおすすめサービス/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\14日間無料/

\30日間無料/

\30日間無料/

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年10月20日時点のものです。

さっそくですが、ここからは一番おすすめの動画サービス「U-NEXT」の特徴と、『デスノート』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。

無料で見る方法1.「U-NEXT」で視聴する

U-NEXT

U-NEXT」を利用すれば、『デスノート』を全話無料で見ることができます。

U-NEXTは14万本以上のドラマや映画、さらに70冊以上の雑誌を、好きなだけ見ることができる動画サイトです。

配信されているコンテンツ数は動画サイトの中でもトップクラスに多く、「マンガの無料配信など」も行なっているのが特徴的です。

通常は「月額1,990円」の料金がかかりますが、登録後31日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

U-NEXTは31日間無料

U-NEXTならば、『デスノート』を全話無料で視聴できるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

月額料金 月額1,990円(税抜)
無料お試し期間 31日間
コンテンツ数 14万本以上※雑誌も70冊以上あり
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイル支払い
・Amazonで払う
・AppleID
デバイス登録数 4台まで可能
動画のダウンロード 可能
その他の国内ドラマ ・私が恋愛できない理由
・下町ロケット
・今日から俺は
その他多数
公式サイト https://video.unext.jp/

無料で見れるVODをコピペする(足りない分は追加)

【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「U-NEXT」を利用するのが一番おすすめです。

『デスノート』をU-NEXTで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「U-NEXT」で「デスノート」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく確認していきましょう。

手順1.「U-NEXT」に登録してドラマを視聴する

まずは「U-NEXT」の公式サイトにアクセスして、31日間無料体験の登録を行います。

フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。

U-NEXTの登録方法

入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、検索画面で「デスノート」と検索をかけたら、すぐにドラマを視聴することができます。

U-NEXTで麒麟がくるを視聴する

登録日から31日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■31日間での解約忘れに注意!

U-NEXT登録から31日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順2.「U-NEXT」を31日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、メニューボタンから『設定・サポート』→『解約はこちら』の順でクリックするだけです。

U-NEXTの解約方法

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

U-NEXT登録前の疑問点を解決!

Q1.U-NEXTは本当にすぐ解約できる?

はい。メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.U-NEXTを家族全員で使うことはできる?

はい。U-NEXTは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、U-NEXTは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『デスノート』1話から13話までのあらすじ

『デスノート』は、名前を書かれた人間は死ぬというノートをめぐる少年の頭脳戦を描いたドラマ

<デスノートを手にしたことにより内に秘めていた歪んだ正義感、絶対的な天才性が目覚め、犯罪者を裁く殺人鬼・キラとしてダークヒーローとなっていく月。対するライバルの名探偵・Lは、圧倒的な存在感を持つ、生まれながらの天才。他を寄せ付けないオーラを放ち、無駄なことを一切嫌う超合理主義者。そして、男とも女とも見分けがつかない謎の人物・ニア。新たな魅力を持ったキャラクター設定が、予測不能なストーリーを紡ぎ出す。>

引用:日本テレビ

ここからはそんな『デスノート』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

デスノート「第1話」

 ある日、夜神月は”名前を書かれた人間は死ぬ”というDeath Noteを拾った。冗談のつもりで佐古田の名前を書き込むと彼は死んでしまう。その後、父で刑事の総一郎のピンチを救うため、ノートを使って犯人を殺した月は正義感から次々と犯罪者を裁いていく。そんな月の前に名探偵・Lが現れる。

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第2話」

FBI捜査官が自分を尾行していることに気づいた月。ノートを使ってFBI捜査官を始末する方法を模索する。「死の状況」をある程度自在に操ることができることを証明した月は、FBI捜査官の名前を知るための方法を模索することに。同じ頃、死神リュークからアイドルの海砂の寿命がわずかだと聞き、海砂を救う手立てを考える。

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第3話」

FBI捜査官のレイを殺害することに失敗した月にLから電話がかかってきたことで月はキラではないかと疑われる。一方、父・総一郎がキラ対策室の室長であると知ったリュークから、生き延びるためには父の名前をデスノートに書くしかないとけしかける。

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第4話」

“警察関係者を尾行していたFBI捜査官を計画通り全員殺害した月(窪田正孝)。 しかし、だからといって自分がキラであるという疑いが晴れたわけではない。 キラの正体を暴くためなら手段を選ばないL(山﨑賢人)が次に仕掛けた攻撃は、月の自宅に大量の監視カメラを仕掛け、キラが人を殺す瞬間を“目撃”するというものだった。 月がキラであると決めつけるかのようなLのやり方に模木(佐藤二朗)たちは反発するが、それで息子の無実を証明できるのなら…と総一郎(松重豊)は承諾することに。そんなLの動きを敏感に察知した月は動揺するが、Lの罠を逆に反撃の手段として使おうと決意する。 そうした激しい攻防の末、月がキラであるという決定的な証拠を掴むことができないLは、遂に月との直接対決に挑むことに! そして、レムからもらった“死神の目”でキラが月であることを突き止めた海砂(佐野ひなこ)は、思いがけない行動に出る!!”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第5話」

“自分の魂を救ってくれたキラが月(窪田正孝)であることを突き止め、キラへの愛ゆえに無鉄砲な暴走を始める海砂(佐野ひなこ)。彼女がキラのためだけに“死神の目”を手に入れたことを知った月は、海砂からL(山﨑賢人)を殺すために“死神の目”を使いたいと言われ…。危険な賭けに海砂を巻き込んでいいものか悩みながらも、月は海砂にLの姿を“見せる”ための作戦を練り始める。 一方、脅迫状の文面などから送り主が今までのキラとは別人だと見抜いたLは、少々脇が甘い“第二のキラ”にターゲットを絞ろうと決意。そしてLは、なんと月をキラ対策室に呼び出し“第二のキラ”の捜査への協力を申し出る!! 自分への疑いを晴らすためにLの“挑戦”を受けることにした月とLの直接対決“第2ラウンド”が開幕! そんな中、ワイミーズハウスを脱走したニア(優希美青)が東京に現れ…”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第6話」

“海砂(佐野ひなこ)が“第2のキラ”としてL(山﨑賢人)に拘束された。Lの拷問にも近い質問責めに耐えかねた海砂は、「殺して」と懇願し…。 一方、「旅行に出る」と書き置きを残して自宅を出た月(窪田正孝)は、レムとリュークにある作戦を託してキラ対策室へ。自分が本当にキラなのかもしれないと告白し、疑いを晴らすために24時間Lの監視下に置いてほしいと提案する。 キラの罠かもしれないと思いつつ、月の提案に乗ることにしたLは、総一郎(松重豊)に現場を離れるよう指示し、月を拘束することに。月が拘束されてから、キラはピタリと活動を停止。キラ対策室の誰もが月がキラであると確信し始めたある日、突然キラによる粛清が再開した。模木(佐藤二朗)たちは独自に捜査を始めるが、そこに凶悪犯に交じって、ある企業に関連する人間がキラによって立て続けに殺されているという情報が“L”から送られてくる。 自分の中の“正義”が本物なら必ずデスノートを再び手にすることができると確信し、まっさらな状態でLと対峙する月を、キラだともキラでないとも証明することができないLは、総一郎と共に究極の勝負に出ることに!”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第7話」

“総一郎(松重豊)が命がけの大芝居を打ったにも関わらず、月(窪田正孝)が100%キラではないという確信を持てないL(山﨑賢人)。そんなLを納得させるために、月もキラ対策室の一員として捜査に加わることに。新たに現れたキラが日本を代表する企業・ヨツバジャパングループの関係者かもしれないという模木(佐藤二朗)の報告を聞いた月は、自らの潔白を証明するためにもキラの逮捕に全力を尽くすことをLに誓う。 お互い心のどこかにわだかまりを抱きつつも、捜査を通じて奇妙な友情で結ばれていく月とL。そんな中、ヨツバジャパングループのCMタレントオーディションに乗じて、海砂(佐野ひなこ)と松田(前田公輝)、月がヨツバ本社に潜入することに。一方、キラがヨツバと関係があることを警察に勘付かれたのではないかと不安になった尾々井(寿大聡)たちヨツバ幹部は、Lに次ぐ実力を持つと言われている探偵・バベルに調査を依頼。オーディションの場で、海砂はバベルに追いつめられ、キラ対策室の内情を相手にさらしてしまう。 “第3のキラ”と月&Lの白熱の頭脳戦が展開する中、明らかになるバベルの思わぬ正体。そして、キラを逮捕するべく大勝負に出る月とL。その勝負の果てに、月たちを待ち受ける“真実”とは…!?”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第8話」

““第3のキラ”として逮捕された火口卿介(柏原収史)が死亡した。火口が持っていた黒いデスノートに書かれていた「このノートに名前を書きこんだ人間は、13日以内に次の名前を書きこまなければ死ぬ」というルールによって、L(山﨑賢人)から完全に“白”だと認められた月(窪田正孝)は、改めてLの友人としてキラ事件の捜査を担当することになる。 キラとしての記憶を失くす以前に、デスノートに様々な仕掛けをしていた月は、森の中に埋めた赤いデスノートを海砂(佐野ひなこ)に取りに行かせ、彼女に再び“死神の目”を使わせてLの名前を探ろうとするのだが、海砂がデスノートに触れる直前、何者かによって襲われ、デスノートが奪われてしまう。海砂を襲った男・油多川(牧田哲也)を操っていたのは海砂をよく知る意外な人物で…。デスノートに挟まれていた手紙から海砂とキラの関係を知った実行犯は、キラに成り代わって“裁き”を始める。 新たなキラ事件の発生により月の潔白が証明されていく中、ますます月への疑いを深めていくL。彼の力になろうとニア(優希美青)は、海砂から“ノート”を奪った犯人の元へ。海砂からノートを奪ったという証言を得るが、ついにメロの暴走を止めることができず…。 そして、新たなキラの正体を突き止めた月は、Lを葬るための新たな作戦に着手。一方、Lも自らの命を賭けてキラ=月との直接対決に挑もうとしていた!!”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第9話」

“月(窪田正孝)は、遂にL(山﨑賢人)の本名をデスノートに書きこむことに成功するが、Lはノートにある仕掛けをしていた。そして、ようやく自分をキラだと認めた月に、自首するよう促すL。そこに総一郎(松重豊)たちが駆けつけるのだが、突然異変が起こりLは命を落としてしまう。今度こそLに勝利したと確信した月は、本物のデスノートを取り返すことを決意。 しかし、命を奪ったはずのLが再びある形で現れ、キラ対策室のメンバーとしてニア(優希美青)を指名。そして本物のデスノートを決してキラに奪われないようにと釘を刺す。早速対策室に現れたニアは、検察関係者の中にキラがいるという確かな推理力を見せる一方で、純粋な子どものフリをして月を油断させようとする。 海砂(佐野ひなこ)のノートの記憶もよみがえらせた月は、犯罪者のいない社会を実現するために魅上(忍成修吾)と共に行動を開始。粛清の勢いを増したキラは、世間から圧倒的な支持を集める存在に成長していく。そんな中、総一郎の元に粧裕(藤原令子)を誘拐したという連絡が入った。犯人の要求は、デスノート。ニアはキラが粧裕を誘拐したと断定するが…。”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第10話」

“粧裕(藤原令子)を救うため、総一郎(松重豊)と月(窪田正孝)はデスノートを持って日村(関めぐみ)から指定された場所へ。模木(佐藤二朗)たちもニア(優希美青)の指示のもと、突入に向けて待機することになった。 そして月と総一郎は遂に日村と対峙。月がデスノートを日村に手渡し、その間に総一郎が粧裕を救い出すことになるが、時を同じくして、ニアの身体に異変がおき、キラ対策室から姿を消してしまう。そうして、日村の一味にまんまとデスノートを奪われてしまった月。しかし、月はこの状況を利用してデスノート奪還の作戦を密かに企てていた。粧裕の証言から日村たち一味の一人の正体を知った月は、海砂(佐野ひなこ)と魅上(忍成修吾)に指示して、彼らを追いつめていくことに。 デスノートを奪われ途方に暮れるキラ対策室のメンバーたちだったが、思いもよらない人物から一本の電話が入る。「日村たちのアジトを教える」というその人物を信じていいものか疑うメンバーだが、打つ手がないキラ対策室は、そのヒントをもとに日村の一味を捕らえる作戦に出る。しかし、L(山﨑賢人)の死後、月の言動に対して密かに疑問を抱いていた総一郎は、ワタリ(半海一晃)からLの遺した残りのビデオを見せられ驚愕の真実を知ることに…。”

引用:日本テレビ『デスノート』

デスノート「第11話(最終話)」

“キラ=月(窪田正孝)の暴走を命がけで止めようとしたL(山﨑賢人)に続き、総一郎(松重豊)までもが命を落とした。犯罪のない理想の世界を作り上げるためにはどんなことでもすると心に決めた月は、警察を総動員してメロ(優希美青)を抹殺しようと決意。しかしメロも、月がキラであると証明してすべての勝負に決着をつけるために周到な罠を張り巡らせていた! そして遂に、メロの潜伏先を突き止めた月は、魅上(忍成修吾)に“死神の目”でメロを殺すよう命じ、同時に海砂(佐野ひなこ)の手でキラ対策室全員を殺すことを計画。 死神に憑りつかれた月は、“普通じゃない方”の運命を手に入れることができるのか?月がキラである可能性から最期まで目を離さなかったLが、ビデオに託した真実の思いとは? 月とメロ=ニアの、相手の作戦の裏の裏のその裏まで読みあう究極の勝負の行く末は? 今、審判の時が訪れる!! 新たなる結末へと向かって…。”

引用:日本テレビ『デスノート』

『デスノート』の気になる作品情報まとめ

続いて、『デスノート』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『デスノート』の主題歌「「デスノート」グランド・テーマ」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『デスノート』の基本情報

『デスノート』は「2015年7月5日(日)」から日本テレビの22:30~で放送されたテレビドラマです。

漫画『DEATH NOTE』を原作とし、2006年に公開された実写映画版、2015年のミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化される。

デスノート デスノート
脚本 いずみ吉紘
プロデューサー 神蔵克、鈴木亜希乃、大森美孝、茂山佳則
演出 猪股隆一、西村了、岩崎麻利江
原作 大場つぐみ、小畑健
放送局 日本テレビ系

『デスノート』の登場人物・キャスト情報

夜神月(役:窪田正孝)

17 – 18歳。身長179cm、体重54kg。私立大国学園高等学校の高校生。死神リュークが落としたデスノートを使って、犯罪者や自分に不都合な人物を次々と殺していく

窪田正孝

1988年8月6日生まれ。神奈川県出身。スターダストプロモーション所属。俳優。妻は女優の水川あさみ。

L(エル)L.lawliet(役:山﨑賢人)

24 – 25歳。 身長179cm、体重50kg。数々の迷宮入りの事件を解決した世界一の探偵。

山﨑賢人

1994年9月7日生まれ。東京都出身、スターダストプロモーション所属。俳優。

弥海砂(役:佐野ひなこ)

18 – 19歳。身長152cm、体重36kg。モデルであり、タレント。死神ジェラスのデスノートを持っている。ジェラスの知り合いの死神レムとともにキラに接触するため行動を起こす。

佐野ひなこ

1994年10月13日生まれ。東京都出身、ホリプロ所属。モデル、女優、バラエティタレント。

N(ニア)Nate River/ メロ(役:優希美青)

18 – 19歳。身長155cm、体重40kg。Lの後継者候補として常にトップの位置にいた天才少年。

優希美青

1999年4月5日生まれ、福島県出身。ホリプロ所属。女優。タレント。本名は菅野 莉奈。

そのほかのキャスト情報

  • 夜神総一郎
    役:松重豊
  • 松田桃太
    役:前田公輝
  • ワタリ QillshWammy
    役:半海一晃
  • 相沢周市
    役:弓削智久
  • 模木完造
    役:佐藤二朗
  • レイ・ペンバー
    役:尚玄
  • 日村章子
    役:関めぐみ
  • 小木曽猛
    役:野仲イサオ

『デスノート』の主題歌は「服部隆之」の「「デスノート」グランド・テーマ」

『デスノート』の主題歌は、服部隆之の「「デスノート」グランド・テーマ」です。

「「デスノート」グランド・テーマ」は、映画化やアニメ化された人気コミックをあらためてTVドラマ化するにあたり、追加されたオリジナル・ストーリーなどとともに強く要望されたもののひとつが新たな音楽制作だったろう。それに見事に応えた服部隆之の豊かなイマジネーションは、従来を凌駕するどこまでも広がる音世界へとつながった。

『デスノート』のロケ地はどこ?

『デスノート』は神奈川県、東京都、千葉県で撮影されています。

夜神家

住所:神奈川県横浜市緑区長津田1丁目

Lがいるホテル

住所:東京都港区台場2丁目

『デスノート』の視聴率は?

『デスノート』の視聴率は以下の通りです。

第1話 16.9%
第2話 12.3%
第3話 8.7%
第4話 10.6%
第5話 8.2%
第6話 10.2%
第7話 11.6%
第8話 11.4%
第9話 11.7%
第10話 11.4%
第11話(最終話) 14.1%

ドラマの視聴率は、15%を超えてくれば「ヒット」だと言われています。

『デスノート』はどれくらいの視聴率がでるのか、楽しみですね。

『デスノート』に続編はある?

『デスノート』の続編は、今のところ未定です。

また情報が公開され次第、更新していきますね!

『デスノート』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『デスノート』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『デスノート』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

エルの賢人君美しい

窪田正孝の夜神月すごすぎ…

良作な予感

まとめ

『デスノート』は動画サイト「U-NEXT」などで全話無料で見ることができます。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

\14日間無料/

\30日間無料/

\30日間無料/

\30日間無料/

動画無し

本ページの配信情報は2020年10月20日時点のものです。

U-NEXT」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。

U-NEXT
Hulu
FODプレミアム
TSUTAYA DISCAS/TV