国内ドラマ

DASADA(ダサダ)を全動画無料で視聴する方法|1話から最終話まで(見逃し配信は終了)

『DASADA(ダサダ)』を無料で視聴する方法をお調べですね。

「前回のドラマを見逃してしまった…」
「今すぐ1話から視聴したい…」

こんな人は、安心してください。

様々な動画サイトを調べた結果、「hulu」ならば、「DASADA(ダサダ)」を今すぐ無料で見れることがわかりました。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\14日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年5月30日時点のものです。

この記事では、「DASADA(ダサダ)」を無料で見る方法や、ドラマの見所を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

『DASADA(ダサダ)』を無料視聴する方法

冒頭でもお伝えしましたが、『DASADA(ダサダ)』を無料で視聴できるのは「hulu」のみです。

今回は「Youtube」や「ネットフリックス」をはじめ、様々な動画サイトを調査しましたが、この2つ以外で無料視聴できるサイトはありませんでした。

\この作品を配信中のおすすめサービス/

動画サイト 無料視聴 調査結果

\14日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年5月30日時点のものです。

さっそくですが、ここからは「hulu」の特徴と『DASADA(ダサダ)』を無料視聴する手順を紹介していきます。

一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してくださいね。

無料で見る方法1.「hulu」で視聴する

U-NEXThulu」を利用すれば、『DASADA(ダサダ)』を全話無料で見ることができます。

huluは、6万本以上のドラマ、アニメ、映画を視聴できる動画配信サイト。

数ある動画サイトの中でも知名度が高く、「日テレドラマの見逃し配信」も行なっているのが特徴的です。

通常は「月額1,026円」の料金がかかりますが、登録後2週間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。

U-NEXTは2週間無料

登録は3分ほどで完了するので、サクッと登録を済ませて、ドラマを視聴してみてくださいね。

月額料金 月額1,026円(税込)
無料お試し期間 14日間
コンテンツ数 6万本以上
支払い方法 ・クレジットカード
・PayPal
・ドコモ払い
・auかんたん決済 , auウォレット
・ソフトバンクまとめて支払い , ワイモバイルまとめて支払い
その他の国内ドラマ ・今日から俺は!
・白でも黒でも無い世界でパンダは笑う
・カルテット
その他多数
公式サイト https://www.hulu.jp/
【危険】無料動画サイトに注意しよう!

今回は「デイリーモーション」「Pandora」などの無料動画サイトも調査していますが、そもそも「無料サイトにアップロードされたドラマを視聴するのは禁止」です。

また、無料動画サイトはウイルスに感染するリスクがあり、安全だとは言い切れません。

安心してドラマを視聴するならば、やはり「hulu」などの動画配信サービスを利用するべきです。

『DASADA(ダサダ)』をhuluで視聴する手順&解約方法

それでは、実際に「hulu」で「DASADA(ダサダ)」を無料視聴するまでの手順を、画像でわかりやすく解説していきます。

さっそく見ていきましょう。

手順①.「hulu」に登録してドラマを視聴する

まずは「hulu」の公式サイトにアクセスして、14日間無料体験の登録を行います。

自身のメールアドレスを使うか、もしくは「Facebook」と連携させて、アカウント作成しましょう。

huruの登録方法

フォームに沿って入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。

登録が完了したら、検索画面で「DASADA(ダサダ)」と検索をかければ、すぐにドラマを視聴することができます。

DASADA(ダサダ)|hulu検索画面

登録日から14日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう!

■14日間での解約忘れに注意!

huluは登録から14日が過ぎると自動で月額課金に更新されてしまいます。

あらかじめGoogleカレンダーなどに解約期限を記入しておき、解約忘れがおきないよう注意してください。

手順②.「hulu」を14日以内に解約する

無料体験期間が終了に近づいたら、解約手続きを進めます。

解約の手順は簡単で、画面上部にあるアカウントボタンから『アカウント』→『契約を解除する』の順でクリックするだけです。

huru解約手順

あとは画面に沿って進めていけば、簡単に退会を済ませることができます。

hulu登録前の疑問点を解決!

Q1.huluは本当にすぐ解約できる?

はい。アカウント画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。

Q2.huluを家族全員で使うことはできる?

はい。huluは1つのアカウントで最大6つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。

家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。

Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない…

一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。

しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。

他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。仮に無料期間が終わったとしても、huluは月額1,000円ほどですので、1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。

無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。

『DASADA(ダサダ)』1話から10話(最終話)までのあらすじ

『DASADA(ダサダ)』は、日向坂46初の主演ドラマ。

公式サイトのあらすじは次の通りで、青春溢れる学園ストーリーと「日向坂46」が主演を演じていることで注目されています。

「私たちの青春は、夢であふれている。」
私たちは今も同じ夢を追いかけている。
“あの時、出会ったから-”

平凡な日々を過ごしていた私立マロニエ女学院の生徒たち。
ある日、クラスでも“ダサい”と評判の少女を中心にファッションブランド「DASADA」を立ち上げることに。
同じ目標に向かうことで築かれていく友情、そして叶えたい夢。
だが、夢をかなえるために奮闘する彼女たちの前に、学園生活の中でさまざまな騒動が巻き起こっていく…。
「DASADA」を取り巻く学園青春群像劇が幕を開ける!

引用:日テレ公式サイト

「日向坂46」は「乃木坂46」「欅坂46」に並ぶ坂道グループで可愛らしく、笑顔の溢れるグループが特徴的です!

ここからはそんな『DASADA(ダサダ)』のあらすじを、1話から最終話までざっくりと紹介していきます。

DASADA(ダサダ)|第1話「出会い」

容姿は完璧だが何故かモテない私立マロニエ女学院2年生の佐田ゆりあ(小坂菜緒)は、親友の立花ゆりこ(佐々木久美)と畑屋菜々緒(富田鈴花)と平凡な日々を過ごしていた。だがある日、実家の「佐田洋裁店」に借金の取り立てが来る。ゆりあは両親が大切にしている店を取られまいと、半年で1000万円を返済するという約束をしてしまう。
お金を稼ぐために仕事を探すも、なかなか見つけられずに途方に暮れ、落ち込むゆりあ。
そんな時、同じクラスの篠原沙織(渡邉美穂)の洋服のデザイン画をみつける。自分と沙織のデザインがあれば、半年で1000万円稼げる!と考えたゆりあは、沙織に「一緒にブランドを作ろう」と持ちかけるが…。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第2話「始まり」

沙織(渡邉美穂)に「一緒にブランドを作ろう」と誘うも断られたゆりあ(小坂菜緒)は、理由が「ダサい」という事にショックをうける。一方、沙織は大好きなクリエイティブアイドルユニットFACTORY【ぐいのみ(東村芽依)/おちょこ(松田好花)/トックリン(河田陽菜)】ファンのオフ会に誘われる。オフ会に行くも、沙織は同じFACTORYファンのキラリ(高瀬愛奈)にバカにされ、悔しくなり飛び出してしまう。その帰り道、公園でTシャツを売っているゆりあを見つける。ゆりあは、沙織とどうしてもブランドを立ち上げたいとお願いをする。そんな矢先、沙織はある事実を知る…。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第3話「偽り」

沙織(渡邉美穂)は父親のことを隠してゆりあ(小坂菜緒)とブランド「DASADA」を立ち上げた。どんなブランドにしようか悩んでいたゆりあは、マロニエ女学院で白鳥学園のネクタイを持ちトップに君臨し、かつモデルをしている高頭せれな(加藤史帆)とコラボしたいと提案。せれなは「自分にできることは協力する」と伝える。初めはせれなに協力してもらう事に抵抗があった沙織だったが、自分のデザイン画を褒めてくれた気持ちに応えたいと、デザインを考える。
その一方、せれなはトップモデル・マホぽよ(高本彩花)との撮影がうまくいかず思い悩んでいた。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第4話「優しさ」

小笠原真琴(齊藤京子)は、バレー部の後輩たちから厄介者扱いをされているが、直島正子(宮田愛萌)にだけ尊敬されているマロ女の努力家。そんな真琴は、なぜかゆりあ(小坂菜緒)をみつけると追いかけていく。逃げ回るゆりあは、沙織(渡邉美穂)から理由をちゃんと聞き向き合うように言われる。
そんな中、「DASADA」がブランドとして稼働し始めたころ思いがけない人から初注文が入り、気合い十分なゆりあと沙織。
しかし、ゆりあの親友・立花ちゃん(佐々木久美)と菜々緒(富田鈴花)に作るのを反対される。
立花ちゃんと菜々緒の助言で思い悩むゆりあが選んだ答えは…。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第5話「裏切り」

担任・中池(坪倉由幸)に停学を言い渡されるゆりあ(小坂菜緒)と沙織(渡邉美穂)。
沙織はゆりあに「DASADAのことをチクった人がいる」と心当たりがないか考えるように言う。
天然なゆりあは、洋服を売ることであたまがいっぱいなため気にせずに教室で作戦会議を開くが、進学組の岡田いちご(佐々木美玲)は冷めた目でみていた。そんなとき、真琴(齊藤京子)にまた呼び出しされ、恐る恐る『壁ドン』で待っていると、真琴と一緒に訪れた人物に驚く。
その一方で「DASADA」を良く思わない人物がさらにSNSで「DASADA」を非難する内容が拡散される大騒ぎになっている最中、突然ゆりあたちの前にグラビアアイドル・とろろ(井口眞緒)が現れる…

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第6話「亀裂」

「DASADA」を非難していた真犯人が岡田さん(佐々木美玲)だとわかり、怒りがおさまらない沙織(渡邉美穂)、真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、その3人と岡田さんを不安そうに見つめるゆりあ(小坂菜緒)との話し合いの場は冷戦状態。
一同は、この騒動でブランド力を失った状況を脱却しようと、ファッションブランドの登竜門「U20デザインカーニバル」への出場をしようと考えていた。
しかし、沙織は父親が丑岡(野間口徹)だという事をDASADAメンバーに知られてしまい「もうここには居ることは出来ない」とゆりあとの距離を置き学校へも行かなくなる。
デザイナーを失ってしまい途方に暮れる中、「デザカニ」への出場を諦めきれないゆりあは、沙織を取り戻すために決意する。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第7話「友達」

 ゆりあ(小坂菜緒)の親友・菜々緒(富田鈴花)と立花ちゃん(佐々木久美)は「DASADA」を立ち上げ後ゆりあとの距離を感じていた。
 特に菜々緒は、これまでずっと一緒にいたゆりあが何も話してくれなかったことが許せずに…
 ゆりあ、沙織(渡邉美穂)、真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、いちご(佐々木美玲)たちはデザカニ後、それぞれが自分の得意分野を活かしてブランド「DASADA」の売り方を考え、奮闘していた。
 後輩の古岡五月(金村美玖)と五反田すみれ(上村ひなの)にも宣伝をしてみるが、なかなか上手くはいかないそんな状況の中でも楽しそうに過ごすゆりあたち。その一方で、変わり始めたせれなを荻原みき(潮紗理菜)と春澤くるみ(丹生明里)は心配をしていた。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第8話「思惑」

奇跡的な偶然が重なりクリエイティブアイドルユニットFACTORY【ぐいのみ(東村芽依)/おちょこ(松田好花)/トックリン(河田陽菜)】の目に留まった「DASADA」。
FACTORYのSNS拡散により「DASADA」ブランドの洋服は最高の売れ行きを伸ばしていき、ゆりあ(小坂菜緒)は無事に佐田洋裁店の借金を全額返済できた。目標を達成しDASADAをどうするか決めかねていたころ、トレンドアドバイザー・おじゃP(マギー)が現れ、このまま「DASADA」を続けようと持ち掛ける。おじゃPの言う通りに続けていくが、どんどん無茶な要求をされついていくのが必死になっていく「DASADA」一同。
そんな中、新作のデザインが完成しない沙織(渡邉美穂)はどんどん追い込まれていく…

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第9話「別れ」

おちょこ(松田好花)から「FACTORYに入らない?」と誘われた沙織(渡邉美穂)。
沙織は悩みながらも「DASADA」のみんなのもとに向かうが、ゆりあたちと衝突してしまう。
自分の居場所を失った沙織が選んだのは…
一方、デザイナーの沙織がいなくなり「DASADA」の解散宣言をしたゆりあ(小坂菜緒)は笑顔で明るくみんなと過ごしていたが、教室の窓側にあるひとつの空席だけが気がかりだった…。沙織はFACTORYとして順調に活動が進んでおり、おちょこやぐいのみ(東村芽依)と会話もできるようになっていたが、トックリン(河田陽菜)だけは話をなかなかしてもらえず悩んでいた。
そんなある日、FACTORYのゲリラライブが開催される事になったが、ライブ直前で衝撃の事実が分かり…

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

DASADA(ダサダ)|第10話(最終話)「必然」

FACTORYのゲリラライブ会場から沙織(渡邉美穂)を連れ出したゆりあ(小坂菜緒)。
逃げ回り行き着いた先は、海。沙織はゆりあと久しぶりの会話をする。
そこには、出会ったころと変わらないゆりあがいた。
しかし、おちょこ(松田好花)に見つかりFACTORYに戻るように説得される沙織。
そんな二人を佐田洋裁店で待っていたのは真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、いちご(佐々木美玲)、立花ちゃん(佐々木久美)、菜々緒(富田鈴花)の「DASADA」のメンバーだった。
これからの「DASADA」について7人は一つの決断をする。

引用:日テレ『DASADA(ダサダ)』

『DASADA(ダサダ)』の気になる作品情報まとめ

続いて、『DASADA(ダサダ)』のキャストや主題歌といった「作品情報」について紹介していきます。

『DASADA(ダサダ)』の主題歌「bad guy」についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

順番に見ていきましょう。

『DASADA(ダサダ)』の基本情報

『DASADA(ダサダ)』は「2020年1月12日」から日テレの日曜22時30分枠で放送されたテレビドラマです。

脚本を担当したのはアニメ「ルパン三世 PART IV」や映画「ヒロイン失格」などの脚本担当も行なった「吉田恵里香」さんです。

ドラマ名 DASADA(ダサダ)
脚本 吉田恵里香
プロデュース 植野浩之
プロデューサー 山王丸和恵
水田貴久
伊藤裕史(AXON)
放送局 日テレ系

『DASADA(ダサダ)』の登場人物・キャスト情報

小坂菜緒(役:佐田ゆりあ)

マロニエ女学院2年生。とにかく可愛い、可愛いの最上級。それを自分でも思っている究極の天然な性格。親友の立花ちゃん、菜々緒といつも一緒にいるクラスの中心人物。

しかし、どこかダサいせいで、周囲からなんとなく下にみられている一面がある。
沙織と出会いブランド「DASADA」 の立ち上げを決意する。

一見、世間に流されるお馬鹿さんにみえるが、フラットな目線を持っており、そんな彼女に周囲の人たちは惹かれて、変えられていく。実家は古くから続く「佐田洋裁店」。

小坂菜緒(こさかなお)

2002年9月7日生まれ。大阪府出身。2017年8月15日、日向坂46の前身である「けやき坂46 追加メンバーオーディション」の合格者としてお披露目。テレビ東京「欅って、書けない?」に出演。雑誌「日経エンタテインメント!アイドルSpecial」、「anan」、「FLASHスペシャル グラビアBEST」、「Quick Japan」に掲載。女性ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとしても活動している。

渡邉美穂(役:篠原沙織)

マロニエ女学院2年生。クラスの空気的存在。いつもスケッチブックにデザイン画を描いている。

コミュニケーション能力が低く思っていることをストレートに言ってしまう。群れたり目立ったりすることは好きではなく、一人でいることをなんとも思わない性格。

「FACTORY」が大好きで、リーダー“おちょこ”を特に尊敬している。父親が丑岡だということを隠し「DASADA」 のデザイナー担当となり、本物の一流ブランドを目指す。

DASADAのメンバーが自由すぎて呆れているが本当はその空間が大好き。ゆりあのことを最初ダサいと思っていたが、どんなときも先頭を走ってくれる姿をみて大切な存在へ変わっていく。

渡邉美穂(わたなべみほ)

2000年2月24日生まれ。埼玉県出身。2017年8月15日、日向坂46の前身である「けやき坂46 追加メンバーオーディション」の合格者としてお披露目。テレビ東京「欅って、書けない?」のほか、ドラマ「Re:Mind」に2期生9人によるオーディションを勝ち抜いて出演。雑誌「別冊カドカワDirecT」、「anan」、「BRODY」、「FLASHスペシャル グラビアBEST」、「Quick Japan」に掲載。

齊藤京子(役:小笠原真琴)

マロニエ女学院3年生。バレーボール部部長で仲間想い、コツコツ努力することが好きな性格。

暑苦しく一生懸命な姿が周囲からダサい存在だと思われているが周りの目は気にせず自分を持っている。他の生徒と比べると一番大人な考え方の持ち主。

ゆりあが、バレー部を3日で辞めたことを根に持っていて彼女を追い回している…と思われているが…。

実は「傷つけてしまって申し訳ない」と思っていためちゃくちゃ良い子。
「DASADA」の裁縫担当として加入。全体が落ち込まないように気合い入れをいつもしてくれる。

齊藤京子(さいとうきょうこ)

1997年9月5日生まれ。東京都出身。2016年5月、日向坂46の前身である「けやき坂46オーディション」の合格者として、配信ライブサービス「SHOWROOM」の配信で初お披露目。シングルは欅坂46・2枚目の「世界には愛しかない」から参加。テレビ東京「欅って、書けない?」に出演。雑誌「Top Yell Neo 2017 SUMMER」、「FLASHスペシャル グラビアBEST」などに掲載。

加藤史帆(役:高頭せれな)

マロニエ女学院3年生。モテ女の象徴である白鳥学園のネクタイをつけている、ヒエラルキートップにみきてぃ、くるみんとともに君臨する。

読者モデルで「せれな~で」という名で活動しているが撮影のとき緊張してしまい顔が強張ってしまう癖がある。トップでいる思いが強いため、実はゆりあのことを少し疎ましく思っている。

「DASADA」のモデル担当として加入。「DASADA」では素の自分でいられ自然と笑顔になる。真琴とは幼馴染で漫才のようなやりとりを気づいたらしている。

加藤史帆(かとうしほ)

1998年2月2日生まれ。東京都出身。2016年5月、日向坂46の前身である「けやき坂46オーディション」の合格者として、配信ライブサービス「SHOWROOM」の配信で初お披露目。シングルは欅坂46・2枚目の「世界には愛しかない」から参加。テレビ東京「欅って、書けない?」に出演。雑誌「BRODY」、「アップトゥボーイ」などに掲載。女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルとしても活動。

佐々木美玲(役:岡田いちご)

マロニエ女学院2年生。進学組。教室では誰とも会話せずにひたすら進学のために勉強をしている。

全てに対して諦めているため基本的に意見を言わない。何も考えずに行動するゆりあたちを冷めた目でみている。

周囲には絶対に知られたくないある秘密が…

佐々木美玲(ささきみれい)

1999年12月17日生まれ。兵庫県出身。2016年5月、日向坂46の前身である「けやき坂46オーディション」の合格者として、配信ライブサービス「SHOWROOM」の配信で初お披露目。シングルは欅坂46・2枚目の「世界には愛しかない」から参加。テレビ東京「欅って、書けない?」、メ~テレ「BOMBER-E」に出演。雑誌「B.L.T.」、「BRODY」などに掲載。女性ファッション誌「non-no」の専属モデルとしても活動している。

佐々木久美(役:立花ゆりこ)

マロニエ女学院2年生。ゆりあ、菜々緒の親友。穏やかで中立な立場で物事をみることができる性格。

親友の二人といることが幸せと感じている。

「DASADA」を立ち上げたゆりあが遠くにいき悲しくなる時もあるが優しく平和主義なので基本的には応援している。メイクをするのが好きで、卒業後はメイクの専門学校に通う予定。

佐々木久美(ささきくみ)

1996年1月22日生まれ。千葉県出身。2016年5月、日向坂46の前身である「けやき坂46オーディション」の合格者として、配信ライブサービス「SHOWROOM」の配信で初お披露目。シングルは欅坂46・2枚目の「世界には愛しかない」から参加。テレビ東京「欅って、書けない?」、CBCラジオ「ナガオカ×スクランブル」に出演。雑誌「月刊AKB48グループ新聞」、「BRODY」などに掲載。女性ファッション誌「Ray」の専属モデルとしても活動している。

そのほかのキャスト情報

  • 富田鈴花(役:畑屋菜々緒)
  • 潮紗理菜(役:荻原みき)
  • 丹生明里(役:春澤くるみ)
  • 東村芽依(役:ぐいのみ)
  • 松田好花(役:おちょこ)
  • 河田陽菜(役:トックリン)
  • 金村美玖(役:古岡五月)
  • 上村ひなの(役:五反田すみれ)
  • 高本彩花(役:マホぽよ)
  • 宮田愛萌(役:直島正子)
  • 高瀬愛奈(役:キラリ)

『DASADA(ダサダ)』の主題歌は「日向坂46」の「ソンナコトナイヨ」

『DASADA(ダサダ)』の主題歌は、日向坂46の「ソンナコトナイヨ」です。

「ソンナコトナイヨ」は前髪を切る仕草が特徴的なチョキチョキダンスが可愛らしく特徴的!

ライブなどでは、ファンも一緒にチョキチョキダンスをするみたいです!!

『DASADA(ダサダ)』のロケ地はどこ?

『DASADA(ダサダ)』は、ほとんどが関東県内(東京・千葉・神奈川)で撮影されているようです!

1番ロケ地巡りにふさわさしい場所といえば、1話から登場している「私立マロニエ女学院」。

こちらは千葉県市川市にある中高一貫の学校で「和洋国府台女性中学校高等学校」というようです!

『DASADA(ダサダ)』の視聴率は?

『DASADA(ダサダ)』の視聴率はまだすべて公開されていません。

しかし、1話は2.4%、2話3.0%と一般的な視聴率と比べて低い水準にあるようです。

深夜放送というところもあり、まずまずといった成果ですが、ファンの間では盛り上がっているドラマなので、どんどん視聴率も伸びてくるかもしれませんね!

『DASADA(ダサダ)』に続編はある?

『DASADA』の副音声付特別版『DASADA~未来へのカウントダウン~』が2020年7月から放送されている。

本編にドラマ出演メンバーによる副音声(オーディオコメンタリー)を全話新たに収録。ドラマ出演メンバーたちと一緒に「DASADA」の魅力を振り返ることができるスペシャルな内容となっている。

さらに2020年9月9日には、スペシャルトーク回の放送も決定。メンバーたちのスタジオトークを交えながら、2月4・5日に横浜アリーナで開催された、「日向坂46×DASADA LIVE &FASHION SHOW」の模様や、今後開催予定の「日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection」の最新情報を紹介。また、今後ますます広がる「DASADAプロジェクト」の新展開も発表される予定。

放送されるのが楽しみですね。

『DASADA(ダサダ)』視聴者の感想※ネタバレあり

最後に、『DASADA(ダサダ)』視聴者の感想をいくつか紹介しています。

すでに『DASADA(ダサダ)』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。

いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。

演技力がすごい!!

面白いし泣ける!!!!

顔芸で笑っちゃってる笑

小坂菜緒がかわいい!!!

最後感動した・・!

まとめ

『DASADA(ダサダ)』を無料視聴できるのは、動画サイト「hulu」です。

\この作品を見るならここ/
動画サイト 無料視聴 調査結果

\30日間無料/

動画無し
動画無し
動画無し

本ページの配信情報は2020年5月30日時点のものです。

hulu」は無料のお試し期間が用意されているので、期間内に解約すれば1話から全動画視聴できます。

それだけでなく、その他の国内ドラマ、アニメ、映画など、様々なコンテンツが用意されているので、ぜひ登録してみてください。